グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・大学院・専門学校


看護学部


質の高い看護実践力を備えた専門職者を育成します

4つの特色

01. 聖隷だからできる、恵まれた環境での実習・学修
全国有数の高い機能を備えた聖隷三方原病院や聖隷浜松病院をはじめとした聖隷グループの医療・福祉施設を中心に、質の高い実習を行うことができます。また、最新のシミュレータや工夫を凝らした設備を使った演習、交流協定校での海外研修・国際実習(希望者のみ)などを通して、学生の「自分で考え実践できる力」を育成します。

02. 60年以上の看護教育で築かれた多くの卒業生とのつながり
聖隷の看護教育には60年以上の歴史があり、約12,000名の卒業生を輩出しています。また、同窓会による講演会やホームカミングデーの開催によって卒業生同士のつながりが深まり、幅広いネットワークが構築されています。臨地実習や就職活動での病院説明会等において、卒業生から丁寧な指導や助言を受けることができるのも本学の強みです。

03. 多様な看護職のキャリア選択により、広がる活躍の場
看護師(国家試験受験)資格のほかに、選択制によって保健師(国家試験受験)資格あるいは養護教諭一種免許状の取得が可能です。また、卒業後には、本学にある助産学専攻科への進学によって助産師(国家試験受験)資格の取得、あるいは、本学大学院への進学によって高度実践看護師や研究者(大学教員)への挑戦が可能です。

04. 学生の満足度が高い国家試験対策・就職支援
学生・教員が一体となって国家試験対策の勉強会や模擬試験を企画・運営しており、教員が行う学生への継続的なサポートおよび模擬試験等のデータ分析に基づいた指導によって、看護師国家試験では毎年多くの合格者を輩出しています。また、就職試験に向けた模擬面接やエントリーシートの添削等は、キャリア支援センター職員が学生一人ひとりに対して丁寧に行います。

カリキュラム

取得可能な資格・進路

在学生・卒業生の声

教員紹介


キャリア広がる3つの課程

自ら考え実践できる
質の高い看護専門職者を育成

看護師課程

健康課題に向き合う
保健師の実践能力を修得

保健師課程

児童・生徒の心身の
健康問題に取り組む養護教諭を養成

養護教諭課程

シミュレーションを用いた演習

看護学部では、学生の看護実践能力の向上を促し臨床とより近い環境で学ぶことができるよう、人型シミュレータや早産児シミュレータを導入して看護教育に使用しています。

学部長メッセージ

「自分で考え、判断し行動する、そして、自分の行動に責任をもつ」
そのような学生を育てています

学部長/藤本 栄子

聖隷は看護教育を開始して、70年近くの歴史があります。少子・超高齢社会に突入し、病院のみならず、あらゆる地域で人々の健康を支える看護の役割は、ますます重要になっています。

また、看護や医療を取り巻く状況は常に変化をしています。近年は自然災害が頻発し、さらに新型コロナウイルス感染症の大流行という世界的な危機にも直面しています。医療関係者はこのような状況に迅速に対応し、救命や療養生活の支援に献身することが使命です。この使命を果たすためには、さまざまな専門職種と連携して取り組むとともに、一人ひとりが各自の責任を自覚し、役割をきちんと考えて実践する『チーム医療』が求められています。そのためには、各自が「自分で考え、判断し、その判断に基づいて行動し、その結果に責任をもつ」ということを常に実践し、身につけておくことが必要です。大学で学ぶ意味はここにあります。

本学では、看護学に興味・関心をもって入学した学生が自ら問題意識をもち、その課題解決に取り組めるように、個々の学生の学修過程や成果を共有し、個人を尊重した教育を丁寧に行っています。豊かな感性と勉学に対する意欲をもち、看護学の実践を通して、社会の役に立ちたい、夢を実現したいと考えている学生の皆さまを心から歓迎します。

3つのポリシー

聖隷クリストファー大学 看護学部の「卒業認定・学位授与の方針」「教育課程編成・実施の方針」「入学者受入れの方針」をご紹介します。