グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・大学院・専門学校

ホーム >  学部・大学院・専門学校 >  看護学部 >  在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声


ページ内目次


在学生

江村 一樹さん
静岡県立浜松南高校出身

1年次では、コロナ禍により始業式以降6月まで、オンライン授業となりました。しかし、大学側の対応が早く、感染予防を徹底したなかでの対面授業を早期に始めてくれました。お陰で新しい友だちができ、演習では講義での知識を生かしながらのケアができました。 2年次では、さらに詳しい専門分野も学んでいくことになります。そして、新型コロナウイルス感染症がいまだに蔓延するなかではありますが、感染予防を徹底しながら仲間と共に勉学に励んでいきたいと思います。患者さんに寄り添い、臨機応変に対応できる看護師になれるよう努力していきます。

野端 真帆さん
愛知県立豊丘高校出身

2年次は、1年次の内容を基盤とし、より専門的な学修内容になりました。講義では、看護実践の展開方法を学びました。患者さんの思いとは何かを考え、その思いを尊重した看護やかかわりが大切であると感じました。演習では、採血や呼吸音の聴取を行いました。仲間と共にセルフトレーニングを繰り返し、安全・安楽について考えを深め合いながら技術を学びました。 3年次の秋からは領域別の臨地実習が始まります。一つひとつのかかわりを大切にし、患者さんのニーズとは何かを考え、個別性に合わせた看護を行うための知識や技術をさらに深めていきたいです。

田中 香帆さん
静岡県立焼津中央高校出身

3年次から領域別の実習が始まりました。新型コロナウイルス感染症の影響で臨地実習の日数が例年よりも少なくなってしまいましたが、短い期間のなかでも患者さんと日々かかわり、コミュニケーションを取ることで信頼関係を築くことができました。看護を学ぶまで人のためにできることを真剣に考えることもなく過ごしていましたが、実習を通して患者さんのために自分は何ができるのだろうと考えることができ、自分自身が変われたように思います。
4年次も領域別の実習が続きます。今までの実習での学びを生かして、患者さんの個別性を重視した看護を提供できるよう頑張ります。

卒業生

丸山 和真さん
愛知県立成章高校出身

■病棟看護師

2001年度卒業
聖隷三方原病院 F6病棟(手術以外のがん治療全般を担う専門病棟)

課長として主に病棟で働いています。病棟の患者様の状態の把握や、受け持ち看護師が悩む場面で相談・支援を行うことが役割です。また、他職種(医師・リハビリテーション専門職・MSWなど)や地域の医療関係者との情報共有なども行っています。がんと診断されてから、患者様・ご家族はさまざまな不安を抱えながら過ごすことになります。そのような場面で、患者様・ご家族の希望や気持ちに寄り添うことで、信頼関係を築き希望に添った医療が提供でき、一時でも安心や笑顔につながることが看護師としてのやりがいとなっています。

榎土 瑞穂さん
浜松市立高校出身

■訪問看護師

2015年度卒業
訪問看護ステーション細江

学生時代、看護は患者様が入院・通院された時に提供されるものだと思っていました。訪問看護は、看護師が患者様のお宅を訪問し、看護を提供します。ご本人、ご家族は病気や障がいを抱えて家で過ごすことに不安を抱えていらっしゃいます。住み慣れた家で安心して生活を続けられるよう、お手伝いをさせていただけることにやりがいを感じています。対象年齢や疾患が幅広いですが、さまざまな知識が身につき、看護の温かさを感じられる分野だと思います。

バートン 裕美さん
吉祥女子高校出身

■グローバルに活躍する看護師

1996年度卒業
The Little Clinic

在学中より将来海外で働くことをめざし、日本で経験を積んでから渡米。アメリカにて正看護師(RN)の資格と看護改革の大学院修士号、そして、ファミリーナースプラクティショナー(FNP)の認定証を取得しました。FNPとは日本の内科医に似ていますが、患者様を診察、検査し、その結果に基づいてお薬を出すという仕事です。アメリカで働く魅力は、ワークライフバランスがしっかりしていること。進学したい人にはさまざまな道があり、仕事をしながらキャリアアップできることが魅力だと思います。

土屋 紘子さん
静岡県立沼津東高校出身

■専門看護師

2005年度卒業、2013年度本学大学院修士課程(慢性看護学)修了
聖隷三方原病院 C4病棟

慢性疾患看護専門看護師の役割は、患者様が糖尿病や慢性腎不全など慢性の病気とともに生活するための、自分なりの方法を見つけることをお手伝いすることです。「患者」ではなく、社会で生活する人という視点でかかわります。指導するだけでなく患者様のもつ力を信じて待つことも求められます。待つことが、一番難しいかもしれません。人生の先輩である患者様の生き方や考えから学ばせていただくことが多く、患者様とともに成長し、患者様の変化を感じることができるやりがいのある仕事です。

栗田 夏野さん
静岡県立浜松北高校出身

■助産師

2018年度本学助産学専攻科修了
浜松医科大学医学部附属病院 母子産科病棟

大学で看護を学んでいたなかで、専門性を高めたいと思い助産学専攻科に進み、助産師として働くことを決めました。周産母子センターでは、ローリスクからハイリスクに至るまでさまざまな人へのサポートをしています。実際の現場を経験し助産師の資格をもって妊産婦さんとかかわっていくなかで、助産師の責任の重さや仕事の難しさを日々実感しています。悩むことが多い職業ですが誇りをもって働くスタッフに支えられ、また出会う人たちから多くを学びながら毎日を過ごすことができ、私にとってやりがいのある仕事となっています。

桑山 佑美さん
静岡県立下田高校出身

■養護教諭

2013年度卒業
下田市立下田東中学校

大学在学中は看護師と養護教諭の2つの資格を取るため勉学に励みました。そのなかで、学校ボランティアへの参加や教育実習を通して、教育現場で子どもと触れ合う仕事に就きたいと思うようになり、学校保健の要でもある養護教諭の道に進みました。職務は多岐にわたり、けがや体調不良で保健室に来た生徒の対応や健康管理、環境衛生、保健教育などさまざまです。担う責任も重大ですが、生きる力に満ちあふれた子どもや温かい地域の方、頼もしい仲間と働く日々に、とてもやりがいを感じています。

太田 陽子さん
山形県立酒田東高校出身

■保健師

2008年度卒業
森町役場 保健福祉課 地域包括支援センター係

総合病院での看護師経験を経て、現在は地域包括支援センターの保健師として働いています。住み慣れた地域で高齢者が自分らしく安心して生活を送れるよう、個別支援や地域の特性に合わせた介護予防から地域づくりに取り組んでいます。看護師経験を生かしながらさまざまな職種と連携し、地域に根ざした保健活動を行っています。保健師は、地域住民一人ひとりの一生に寄り添い、かかわることのできる仕事です。保健活動は多岐にわたり、さまざまな方との出会いや経験があり、とても充実した毎日を送っています。

清水 隆裕さん
三重県立川越高校出身

■看護教員

2020年度本学大学院博士後期課程(精神看護学)修了
聖隷クリストファー大学 看護学部(精神看護学領域)

精神科の看護師として勤務した後、母校の教員として後進の育成に当たっています。こころのケアでは、自分を道具にして患者様と向き合い、生身の弱さを抱えた人間同士のつながりによって、その人らしい生き方を共にめざしていきます。 看護教員となった今では、精神科で学んだ対人関係構築技術をもとに、看護のこころを携えた先輩として学生と向き合い、学生が自分らしい看護の在り方を見つけられるよう、手助けをしています。