グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・大学院・専門学校


作業療法学科


4つの特色


01. 少人数制で成長する PBL教育
PBLは Problem-Based Learning の略で、知識付与型ではなく能動的かつ問題基盤型の学習を行うためのアクティブラーニングの手法です。1学年30名の学生を5~6名のグループに分け、グループごとにチューター(教員)の方向付けのもとに、提示された課題を解決しつつ作業療法学全般を学びます。これにより、学生はグループディスカッションを通して主体的に学習し考える習慣がつき、コミュニケーション能力も向上します。

02. 「生きた学び」に出合える理想の環境
全国300カ所以上の施設、従事者約13,000人を擁する聖隷グループは、日本有数の医療・福祉・教育集団です。キャンパス周辺には20以上の医療・福祉施設が集まっており、学生たちはこの恵まれた環境を十分に生かして、学修や実習、ボランティア活動に積極的に取り組んでいます。近隣施設の方が本学を訪れることもあり、日常生活のなかで「生きた学び」に触れることができます。

03. 実践的な演習と充実した施設・設備
講義で得た知識や技術を実践するため、学生同士の演習に加え周辺施設から対象者の方を招き、実際に治療援助をする演習を取り入れています。例えば、園芸を用いた作業療法では、対象者の方と一緒に花を植えるという作業を通して実践力を身につけます。また、織り機や陶芸の電気窯をはじめ、高齢者体験、トレーニングキッチンなど、多彩な作業療法を実践できる施設・設備も充実しています。

04. 入学から卒業までバックアップする強力なサポート体制
作業療法学科では、1年次からアドバイザーによる個別の学修・生活支援、2年次は少人数グループによる学内演習指導、3年次は実習担当者による臨床実習支援、4年次は個別指導による国家試験対策・就職活動支援……と、入学時から卒業まで、強力なサポート体制で学生をバックアップしています。また、卒業後も、教員が研究や学会発表、臨床実践のサポートを行い、学ぶ意欲を支援しています。

アクティブラーニングによる学習の効果

学習のピラミッド(学習の記憶率)

学習を主体的(アクティブ)に取り組むことの重要性を示すものとして紹介されているのが、米国の National Training Laboratories による学習の記憶率を示すピラミッド図です。この図によれば、講義を聞く場合は5%、読書をする場合は10%、グループディスカッションをすれば50%、実際に自分でやってみれば75%、他者に教えれば90%記憶するというものです。

PBL教育では、学生は問題についてディスカッションし、実際に調べ、本を読み、そして発表によって他人に教えるというさまざまな過程を経験することで、単に講義を聞く場合と比べ、はるかに理解・記憶ができると考えられています。

カリキュラム

取得可能な資格・進路

在学生・卒業生の声

教員紹介


作業療法士ってどんな仕事?

作業と健康の専門家です。人々が元気に生活できるように援助するのが作業療法士の仕事です
私たちが日常生活で当たり前だと思って行っていることを作業といいます。作業は、身の回りのこと、家族や友人と楽しむこと、学校に通うこと、仕事、趣味、スポーツなど、私たちの生活そのものです。このような作業には、成長、健康、生活の質を促進する力があります。日本でも世界でも、作業療法士はさまざまな人たちが元気になるように援助しています。
作業療法士は、病気や障害や災害のために、当たり前だった作業を失った人たちが、元気に、その人らしく地域の人たちと生きていけるように援助します。その人が生活をつくるのを援助するために、一緒に作業を探し、参加して、元気になるように、その人らしい生活をめざします。道具や家屋の環境を工夫することもあります。

例えば、作業療法士は こんなことをします

①身体領域

身体障害
脳卒中、リウマチ
脊髄損傷
など

例えば
更衣の動作の指導・練習をします
②精神領域

統合失調症・うつ病
パーソナリティー障害
アルコール依存症
など

例えば
精神の安定・発散をします
③発達領域

脳性まひ
自閉症スペクトラム
学習障害
ADHD(注意欠陥多動性障害)
など

例えば
バランス・感覚へのアプローチをします
④高齢期領域

認知症、骨折など

例えば
日常生活への回復援助をします
⑤地域

職業関連
就労支援事業施設
など

例えば
障害のある方の就職支援などをします
健康と生活づくり

学科長メッセージ

その人らしい生き方を支援するために、生きた学びに出合える教育

学科長/伊藤 信寿

私たちは予期せぬ病や災害、誰にでも訪れる老いによって、今まで当たり前だと思ってできていた身辺動作や勉強、仕事、趣味などができなくなり、今まで元気に過ごしていたその人らしい生き方が難しくなります。そのとき、その人らしい生き方を支援するのが作業療法士です。
そのため、人の体の構造や心に関する学修はもちろんですが、さまざまな経験、柔軟で論理的な思考力、対象者に寄り添う温かいハートなどが必要になります。
本学科の教育は、「少人数で実施するPBL教育」「医療・福祉施設に囲まれた環境」「実践的な演習、施設・設備」に特長があります。特に、実践的な演習は、大学周辺にある施設のご協力、教員によるさまざまな地域貢献活動により、生きた学びを多く体験できます。この過程のなかで、思考力、遂行力、協調性、社会性などがはぐくまれていきます。これらの教育を基盤に、各施設、地域のご協力を得ながら、確かな技術と知識、そして、温かいハートを社会に還元できる人材育成をめざしています。

作業療法学科ブログ

リハビリテーション学部作業療法学科のブログです。学生と教員のOTブログ部メンバーで、作業療法のこと、学生生活のこと、教員の活動、浜松の情報などを発信しています。

作業療法学科ブログ