聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

2020年4月、社会福祉学科(入学定員65名〔定員増〕)に「ソーシャルワークコース」「介護福祉コース」開設

「ソーシャルワークコース」では社会福祉士と精神保健福祉士、「介護福祉コース」では介護福祉士と社会福祉士を養成します。

社会福祉学部

社会福祉学科 社会福祉学科
人と社会を専門的支援と豊かな心で
支えるソーシャルワーカーを育成

独自の専門科目と実習教育、
現場に直結した教育で、
社会のニーズに応える
社会福祉士・精神保健福祉士を育成します。

介護福祉学科 介護福祉学科
時代の要請に柔軟に対応した
最先端の介護福祉教育

「自立支援」「福祉工学」などの
時代の最先端をいく介護を学修して、
グローバルに活躍できる
介護福祉士・社会福祉士を育成します。

こども教育福祉学科 こども教育福祉学科
知識と技術、倫理観をもった
教育・保育の専門職者を育成

子どもの発達や学びの連続性を踏まえた
教育・保育の実践力を修得し、
小学校教諭一種・幼稚園教諭一種・保育士の
資格を取得します。

学部長メッセージ

地域共生社会を創造する人材を育成します
 少子高齢化が進展するなか、既存の制度・サービスでは対応困難な生活困窮世帯、孤立世帯が増加し、新型コロナウイルス感染拡大により一層深刻化しています。こうした問題は社会福祉だけでなく、教育や医療、司法等の現場においても対応を求めており、専門職同士の連携が不可欠となっています。一方、近年、子ども・高齢者・障がい者などすべての人々が地域、暮らし、生きがいを共に創り、高め合うことができる「地域共生社会」の実現が課題となり、地域のあらゆる住民が役割をもち、支え合いながら、自分らしく暮らすことのできる地域コミュニティづくりをも支援できる福祉人材、教育人材の育成が急がれています。
 聖隷クリストファー大学社会福祉学部は創設以来約20年、「生命の尊厳と隣人愛」という理念に基づき人間性豊かなソーシャルワーカー、ケアワーカー、教育・保育のスペシャリストを育成し、地域や社会に貢献していくことにまい進してまいりました。今、この時にも多くの人々、子どもたちがあなたの力を必要としています。私たちと共に学びを深め、確かな実践力を身につけ、存分に力を発揮しましょう。

学部長 佐藤 順子
学部長 佐藤 順子

教育目的・目標

社会福祉学部は、建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」に基づいた人間性を涵養することを土台に、地域の福祉と生活上の困難を抱える人々の自立および生活の質の向上を支援するために、専門機関や施設、多種職との連携、協働して、その責務を果たすことができる高度な知識・技術と実践力を兼ね備えた福祉専門職者を養成することを目的とします。

学部の教育目的を達成するために以下のように教育目標を掲げます。

  1. キリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」について理解し、専門職としての高い倫理観に基づく態度を身につける。
  2. さまざまな対象者の有する背景や課題を科学的、論理的、総合的に理解し支援するために必要な教養と社会福祉分野の理論や知識を体系的に修得する。
  3. 受容的・共感的態度を形成しつつ、社会福祉の基本的なコミュニケーションや支援の技術を修得する。
  4. 対象者の特性に応じ基礎的な社会福祉分野(社会福祉・介護福祉・保育)の知識や技能、関連領域との知識を活用し、設定した課題について考察する力を身につける。
  5. 実践の場で必要とされる社会福祉専門職としての理論や知識、技術等を総合的に活用し、対象者の課題解決につなげることができる力を身につける。
  6. 対人援助・社会支援において、他者の役割が理解でき、自らの役割を果たしながら多種職や組織と連携・協働できるように人間性を養い、知識・技術を修得する。
  7. 多様な文化や価値観を理解し、社会福祉に関する地域社会や国際社会に広く視野を広げ貢献できる力を身につける。

なお、小学校教諭、幼稚園教諭については、上記に加えて下記の通りとします。

  1. 教育に関する確かな知識・理論や技能及び豊かな表現力を身につけている。
  2. 教育者としてのふさわしい教養を身につけて、使命感と責任感に基づいた確かな実践力を備えている。

各学科の目的・目標は以下の通りです。

  1. 社会福祉学科

    社会福祉学科は、地域と支援を必要とする人々の生活を理解し、科学的に評価するとともに、相談援助ならびに社会福祉サービスの開発および地域社会への働きかけを行う福祉専門職を養成することを目的とする。そのために必要な相談援助、社会福祉サービスの仕組みと開発、関係多職種および地域住民との連携、協働の知識と技術を修得することを目標とする。

  2. 介護福祉学科

    介護福祉学科は、介護実践を通して生活支援を必要とする人々の生活を理解し、科学的に評価するとともに、介護福祉援助、相談援助ならびに介護福祉サービスの開発および地域社会への働きかけを行う福祉専門職を養成することを目的とする。そのために必要な介護福祉援助技術、介護福祉サービスの仕組みと開発、関係多職種との連携、協働の知識と技術を修得することを目標とする。

  3. こども教育福祉学科

    こども教育福祉学科は、こどもに関わる国際水準の教育・保育の専門性と、こども・家庭・地域の福祉に関わる専門性を兼ね備え、国際的な視点に立って多様な人々が支え合い、学び合い、育ち合う地域共生社会を実現できる実践力をもったこども教育福祉の専門職の養成を目的とする。そのために必要な教育・保育・福祉の専門的な知識・技術・態度を修得することを目標とする。

カリキュラムの基本構造

本学部での学修には、隣人愛に基盤をおいた人間性を涵養しながら、支援するために必要となる知識や技術を修得することに加え、人と環境を捉える視点を幅広くもつことが求められます。本学部ではこのような学修を可能とするために、カリキュラムは以下のような構造となっています。

社会福祉学部

社会福祉学科で取得できる資格

社会福祉士 国家試験受験資格

高齢者や障がい者、ひとり親家庭など福祉サービスを求める人やその家族に対して適切な相談援助を行い、 その人たちが暮らしやすい福祉のまちづくりのための仕事をします。

精神保健福祉士 国家試験受験資格

精神的な障がいのために自立した生活を送ることが困難な人々が社会参加できるよう、本人や家族に対しての相談援助や、 その人たちが暮らしやすい環境を整える仕事をします。

スクールソーシャルワーカー

不登校やいじめ、虐待問題などを抱えている児童・生徒が増加する中で、教職員やスクールカウンセラーなどの関係者と連携・協働しながら、問題の改善・解決へ向けて取り組みます。

認定スクール(学校)ソーシャルワーカー
社会福祉主事 任用資格
児童指導員 任用資格

介護福祉学科で取得できる資格

介護福祉士 国家試験受験資格

身体や精神に障がいがあり生活上の困難を抱えた人々に対して、課題を分析し、介護計画を立案したうえで支援を行う専門職です。 日常生活の支援にとどまらず、多職種連携チームの中心となり、自立に向けた支援を行います。

社会福祉士 国家試験受験資格

高齢者や障がい者、ひとり親家庭など福祉サービスを求める人やその家族に対して適切な相談援助を行い、 その人たちが暮らしやすい福祉のまちづくりのための仕事をします。

社会福祉主事 任用資格
児童指導員 任用資格

こども教育福祉学科で取得できる資格

小学校教諭一種 免許状

各教科や総合的な学習の時間などの授業を担当するのはもちろんですが、その他にも給食、掃除、登下校といった学校生活全般についての指導をすることで、全人的な子どもの成長・発達を支援します。

幼稚園教諭一種 免許状

満3歳から小学校入学前の幼児に対して、環境を通した教育や遊びを重視した活動を展開し、主体性や豊かな感性、人間関係の形成など総合的な子どもの発育を促します。

保育士 登録資格

保護者の就労等の事情で保育を必要とする子どもたちの養護・保育、そして、3歳児以上の教育を担います。保育園や乳児院、児童養護施設など、幅広い現場で活躍することができます。

児童指導員 任用資格
社会福祉主事 任用資格
初級障がい者スポーツ指導員