グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・大学院・専門学校

ホーム >  学部・大学院・専門学校 >  教員情報 >  リハビリテーション学部 言語聴覚学科

リハビリテーション学部 言語聴覚学科



Tani Tetsuo, PhD 谷 哲夫 教授・学科長
専門:失語症学、吃音学
主な研究テーマ:在宅失語症者の訓練ツールの開発、吃音治療
失語症・吃音の治療効果の研究
在宅失語症者用訓練ソフト「言語くん」の改良、失語症の改善要因と家族の介護負担感の関係について研究を進めています。また、脳の損傷後に生じる神経原性吃音と言語発達途上で生じる発達性吃音との比較研究も進めています。

Shibamoto Isamu, PhD 柴本 勇 教授
専門:言語聴覚障害学、音声障害学
主な研究テーマ:コミュニケーション障害、摂食嚥下障害に関する研究
随意的口腔運動時の大脳活動制御機構の解明
摂食や発話のような随意的な口腔運動の大脳制御について、脳機能イメージング解析手法を用い研究しています。微細な口腔運動の障害の起こり方を分析しています。また、口腔運動の訓練法の開発も研究しています。

Sato Junko, PhD 佐藤 順子 教授
専門:高次脳機能障害学
主な研究テーマ:高次脳機能障害や認知症のリハビリテーション
認知症の介入療法および家族心理教育
多様な高次脳機能障害者や認知症者にさまざまな神経心理学的検査を用い、障害を詳細に解明するとともに根拠に基づいたリハビリテーションや家族心理教育、精神症状に対する介入療法の効果の検討を行っています。

Oohara Shigehiro, PhD 大原 重洋 教授
専門:聴覚障害学
主な研究テーマ:ナラティブ形成機序の解明と支援法の開発
難聴乳幼児の聞こえを補償し、言葉を作る
子どもは3歳前後になってくると、「自分の体験」や「空想の物語」を語る能力を獲得します。難聴の子どもの語り(ナラティブ)を分析して、人がまとまりのあるストーリーを生み出すメカニズムと、その支援法を研究しています。

Takase Nami, MA 髙瀬 奈美 准教授
専門:言語学、科学教育、教育工学
主な研究テーマ:オンラインコミュニケーションツールを利用した外国語学習の教授方法
オンラインコミュニケーションの利点を応用し外国語習得に活用する
文字によるコミュニケーションを利用した第二言語習得の可能性を研究しています。オンラインコミュニケーションツールを利用した場合の学習と対面での学習とを比較した場合の効果を測定し、外国語学習の教授方法を模索しています。

Sato Atsunobu, PhD 佐藤 豊展 准教授
専門:摂食嚥下障害学
主な研究テーマ:摂食嚥下の筋活動動態の研究、訓練開発
舌骨上筋群・舌骨下筋群の筋活動動態の変化
飲み込みにかかわる筋活動を測定して、摂食嚥下障害の訓練法に関しての研究を行っています。舌を口蓋に強く押し付ける運動を行うことで、嚥下機能が改善するかどうか、その可能性を検討しています。

Nakamura Tetsuya, PhD 中村 哲也 助教
専門:構音障害学
主な研究テーマ:機能性構音障害の構音運動に関する研究
構音運動の発達
「さかな」が「しゃかな」となる等の機能性構音障害の運動機能に関して研究しています。エレクトロパラトグラフィという上顎に電極を貼りつけた装置を使い、音環境による舌運動変化について調べています。