グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


大学概要

ホーム >  大学概要 >  情報の公開 >  大学の教育研究上の目的に関すること

大学の教育研究上の目的に関すること



建学の精神

「生命の尊厳と隣人愛」

「隣人愛」とは、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい」という聖書の教えに示された愛の心です。聖隷学園は、創立以来この隣人愛と生命の尊厳を基本理念として、保健医療福祉分野の専門職の育成に取り組んできました。その原点は、1930年に浜松のクリスチャンの若者たちが建てた結核患者のための小さな病舎にさかのぼります。目の前で苦しんでいる人のために、自分自身が感染するかもしれないという状況の中で無償の愛を捧げたこの行いが、今日、日本有数の医療・福祉・教育集団となった聖隷グループのすべての事業の始まりなのです。混迷する現代社会の中で、人と共にあり、その不安や苦痛、悲しみを理解し、共に生きることを人生の喜びとする。聖隷クリストファー大学では、先人達によって示された愛と奉仕の精神を受け継ぎ、地域に貢献し、国際社会においても活躍できる専門職を育成しています。

聖隷とは

新約聖書のヨハネによる福音書第13章に、最後の晩餐のとき、キリストは「食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。……」とあります。当時、人の足を洗うことは奴隷の仕事でしたが、キリストは弟子たちに行動をもって最後の教えを示しました。「聖隷」の名はこの個所に由来しています。
聖隷の創立者・長谷川保たちは、奴隷の形をとって弟子たちの足を洗われるキリストの姿をクリスチャンの理想の生き方と考え、社会事業を目的として聖隷社を創立。ここから聖隷の歴史が始まったのです。

詳しくは建学の精神のページ をご覧ください。

聖隷の歴史

90年以上前、不当な差別を受けていた結核患者に手をさしのべたクリスチャンの若者たちは、無償無私の精神で病舎を建てて患者たちの心身の援助を行いました。その後、聖隷グループはキリスト教の「隣人愛」の精神を基盤として、社会の動向を見据えて人々のニーズを先取りしながら発展し続けています。福祉専門分野の草分け的存在の聖隷グループは多くの有能な人材を輩出して、援助を必要としている人のために専門的な能力を発揮。日本の保健医療福祉の分野において大きな貢献をしています。

詳しくは聖隷の歴史のページをご覧ください。

人材養成に関する目的

※聖隷クリストファー大学・大学院における人材養成に関する目的その他の教育・研究上の目的に関わる規則より抜粋

看護学部看護学科

看護学部では、建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」に基づく深い人間理解の上に、人々の健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和を行い、人々がその人らしく生活できることを目指した質の高いケアを提供するために、進歩する看護専門分野および関連諸学の知識と技能を統合し、多職種連携・協働してその責務を果たし、国内外の新しい動向にも対応できる看護学分野の指導的人材として労を厭わぬ実践ができる看護専門職者を育成することを目的とする。
看護学部看護学科の教育目的を達成するために、以下のように教育目標を掲げる。
  1. キリスト教精神に基づく「生命の尊厳と隣人愛」を深く理解し、専門職者としての高い倫理観と価値観・態度を身につける。
  2. 看護の対象者の課題を科学的・論理的、総合的に理解し、個別性に応じて支援するための看護学に関連した基礎および専門知識を体系的に修得する。
  3. 様々な立場や意見、生活背景をもつ他者を理解し、自らの考えや意見を、対象に応じて正確・適切に、伝達・説明できるコミュニケーション力(表現力と語彙)を習得する。
  4. 課題解決に向けて、主体的・かつ仲間と協働して看護専門分野や関連諸学の学識を用いて広い視野で議論し、計画的、短期的/長期的に取り組む方法を、論述することができる。
  5. さまざまな年代の多様な状況にある人々に対して、基礎分野・専門基礎分野・専門分野の知識・理論、情報、技能等を総合的に活用し、人々がその人らしく生活できるようになることを目指した看護を実践することができる。
  6. 保健医療福祉チームにおける看護の役割と、質の高いケアを提供するための多職種連携の必要性を理解し、協働する方法を修得する。
  7. 多様な文化や生活習慣、価値観・考え方をもつ他者を尊重するための倫理観と、さらに地域社会や国際社会のニーズに応える看護専門職の役割・機能を理解することができる。
  8. 生涯に亘り看護学・看護実践を追求しようとする意欲と信念・価値観を身につける。

社会福祉学部

社会福祉学部は、建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」に基づいた人間性を涵養することを土台に、地域の福祉と生活上の困難を抱える人々の自立および生活の質の向上を支援するために、専門機関や施設、多種職との連携、協働して、その責務を果たすことができる高度な知識・技術と実践力を兼ね備えた福祉専門職者を養成することを目的とする。
学部の教育目的を達成するために以下のように教育目標を掲げる。
  1. キリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」について理解し、専門職としての高い倫理観 に基づく態度を身につける。
  2. さまざまな対象者の有する背景や課題を科学的、論理的、総合的に理解し支援するために必要な教養と社会福祉分野の理論や知識を体系的に修得する。
  3. 受容的・共感的態度を形成しつつ、社会福祉の基本的なコミュニケーションや支援の技術を修得する。
  4. 対象者の特性に応じ基礎的な社会福祉分野(社会福祉・介護福祉・保育)の知識や技能、関連領域との知識を活用し、設定した課題について考察する力を身につける。
  5. 実践の場で必要とされる社会福祉専門職としての理論や知識、技術等を総合的に活用し、対象者の課題解決につなげることができる力を身につける。
  6. 対人援助・社会支援において、他者の役割が理解でき、自らの役割を果たしながら多種職や組織と連携・協働できるように人間性を養い、知識・技術を修得する。
  7. 多様な文化や価値観を理解し、社会福祉に関する地域社会や国際社会に広く視野を広げ貢献できる力を身につける。
なお、小学校教諭、幼稚園教諭については、上記に加えて下記の通りとします。
  1. 教育に関する確かな知識・理論や技能及び豊かな表現力を身につけている。
  2. 教育者としてのふさわしい教養を身につけて、使命感と責任感に基づいた確かな実践力を備えている。
各学科の目的・目標は以下の通りである。
  1. 社会福祉学科
    社会福祉学科は、介護や生活支援、相談援助等を必要とする人々の日常生活あるいは社会生活を送る上での諸問題を家族や地域社会といった社会関係の中で理解し、科学的に評価し、必要な福祉的支援を行うと同時に、地域共生社会の構築に貢献できる社会福祉専門職の養成を目的とする。そのために必要な専門的態度・知識・技術を修得することを目標とする。

  2. こども教育福祉学科
    こども教育福祉学科は、こどもに関わる国際水準の教育・保育の専門性と、こども・家庭・地域の福祉に関わる専門性を兼ね備え、国際的な視点に立って多様な人々が支え合い、学び合い、育ち合う地域共生社会を実現できる実践力をもったこども教育福祉の専門職の養成を目的とする。そのために必要な教育・保育・福祉の専門的な知識・技術・態度を修得することを目標とする。

リハビリテーション学部

リハビリテーション学部では建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」に基づく深い人間理解の上に、高度な知識・技能を修得し、また多職種との連携・協働してその責務を果たし、国内外の新しい動向にも対応できるリハビリテーション分野の指導的人材となる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を育成することを教育目的とする。
リハビリテーション学部の教育目的を達成するため、以下のように学部の教育目標を掲げる。
  1. キリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を理解し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士としての高い倫理観と態度および豊かな教養を身につける。
  2. 医学的基礎知識および理学療法学・作業療法学・言語聴覚学の基本的な知識・理論や技能を体系的に修得する。
  3. 様々な立場や考えをもつ他者を尊重し、自らの考えや意見を適切に伝達・説明できるコミュニケーション力を習得する。
  4. 課題解決に向けて、自身の専門分野と関連諸学の知見を統合し、探求する態度と生涯学修力を身につける。
  5. 対象者の疾患と病態、障害特性に応じた基礎的な理学療法・作業療法・言語聴覚療法の治療・指導・援助の技術を修得する。
  6. 保健医療福祉チームにおける一員として、それぞれの役割と責任を自覚し、多職種との連携・協働が実践できる態度と知識・技術を修得する。
  7. 国際的な課題に関心を深め、国際的にも活躍できる国際感覚および語学力・表現力を身につける。
各学科の目的・目標は以下の通りである。
  1. 理学療法学科
    理学療法学科では、人体の構造や機能、疾患と障害などの理解の上に、運動・電気刺激・温熱・冷却による治療や、障害を補うための杖や車いす・住宅改造に関する知識と技術を修得すること、また骨・筋・神経の疾患・障害に加え、呼吸・循環などの内部障害やスポーツ障害に対する高度な理学療法を修得することを目的とする。そのために、近年の医療技術の進歩と高度複雑化する社会の要求と期待に応えられるよう、自ら判断し行動する能力と学問的志向性を養うことを目標とする。

  2. 作業療法学科
    作業療法学科では、「身体または精神に障害のある、またはそれが予測される人々に対し、作業活動を通じて心身機能の回復・維持を図り、主体的な生活の獲得のための治療・指導・援助を行う」という作業療法の定義を基盤とした内容を修得することを目的とする。この目的のために、心身機能や疾患・障害特性などの医学的知識、作業活動の特性と意味などの作業療法に必要な高度の専門的知識・技術を獲得し、科学的な思考力と、人の心理・社会的側面を視野に入れた幅広い実践能力を養うことを目標とする。

  3. 言語聴覚学科
    言語聴覚療法は聴覚、言語、発声発語、嚥下等に障害のある人々に対して評価・訓練・指導・助言を行い、機能の獲得や回復、維持・向上を図り社会参加を支援することを目的としている。この目的に沿って言語聴覚療法・領域における高度専門職者としてふさわしい知識・技術を修得し、さらに、科学的、客観的な思考力と実践力のある専門職として専門分野ならびに関係領域の発展に貢献できる人材の養成を目標とする。

看護学研究科 博士前期課程

目的
建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を基盤とする倫理観を身につけ、広い視野に立って学識を深め、看護学における高い研究・実践力を持つ高度専門職業人を育成する。
目標
看護学研究科博士前期課程の目的を達成するために、以下の8つの目標を掲げる。
  1. 「生命の尊厳と隣人愛」の精神を基盤とする倫理観を身につけ、研究や実践に反映することができる。
  2. 最新の専門知識・技術を習得し、論理的思考力を身につけて諸課題の解決に向けて分析することができる。
  3. 看護学分野以外の知識を修得することを通して幅広い視野を持ち、俯瞰的なものの見方ができ、自らの課題解決にいかすことができる。
  4. 研究課題を発見し、先行研究のレビューを行い、研究計画を立案することができる。
  5. 研究計画に基づいてデータ収集を行い、結果をまとめ、分析、考察し、論文にまとめ、発表することができる。
  6. 看護高度専門職業人として、保健医療をはじめとする他の専門職や研究者と連携・協働し、適切なコミュニケーションをとることができる。
  7. 国際的な視野を持ち、海外の専門家や学生と交流ができる。
  8. 人々の健康、福祉、安寧に貢献し、生涯に亘り看護学・看護実践を追及する自己学修と自己評価することができる。
高度実践看護教育課程の目標を追加し、以下の2つを掲げる。
  1. 各専門分野における高度実践看護専門職として、基盤となる看護実践の知識と態度を身につけ、根拠に基づいた分析的・科学的で高度な専門的看護を実践することができる。
  2. 医療倫理をふまえ、各専門分野の実践、研究を通じて、実践的指導者として活躍し臨床の場の変革に貢献することができる。

看護学研究科 博士後期課程

目的
建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を基盤に、高い倫理観を身につけ、学識を深め、看護学について自立して研究活動を行う優れた専門性と人間性を備え、創造性、 応用力を持ち、多職種連携・協働ができ、広く世界に通用する高度専門職業人を育成する。
目標
看護学研究科博士後期課程の目的を達成するために、以下の8つの目標を掲げる。
  1. 「生命の尊厳と隣人愛」の精神を基盤とする倫理観をもって、研究、教育および実践を行い、自らの行動に反映することができる。
  2. 看護学分野の高度な専門知識・能力を習得し、探求心と論理的思考力を身につけ、問題解決を図ることができる。
  3. 看護学分野以外の幅広い視野をもち、俯瞰的なものの見方と専門応用力を駆使して、新たな知を創ることができる。
  4. 新規性の高い研究課題を自ら発見し、先行研究をレビューし、独創的な研究テーマを設定して、自立して研究計画を立案することができる。
  5. 研究計画に沿ってデータ収集を行い、結果のまとめ・データ分析・考察を適切に行い、論文にまとめ、発表するという一連の作業を自立してできる。
  6. 看護学の視点にたち、保健医療をはじめとする他の専門職や研究者と連携・協働し、リーダーシップを発揮することができる。
  7. 学術的かつ国際的な視野を持ち、グローバルな活躍を目指し、海外の専門家と交流ができる。
  8. 人々の健康、福祉、安寧に貢献し、生涯に亘り主体的に質の高い看護ケアの開発ができる。

リハビリテーション科学研究科 博士前期課程

目的
建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を基盤とする倫理観を身につけ、広い視野に立って学識を深め、理学療法学、作業療法学、言語聴覚学など、リハビリテーション分 野における高い研究・実践力を持つ高度専門職業人を育成する。
目標
リハビリテーション科学研究科博士前期課程の目的を達成するために、次の7つの目標を掲げる。
  1. 「生命の尊厳と隣人愛」の精神を基盤とする倫理観を身に付け、研究や実践に反映することができる。
  2. リハビリテーション分野の最新の専門知識・技術を習得し、論理的思考力を身に付けて諸課題の解決に向けて分析することができる。
  3. 自らの専門分野以外の知識を修得することを通して幅広い視野を持ち、俯瞰的なものの見方ができ、自らの課題解決に生かすことができる。
  4. 研究課題を発見し、先行研究のレビューを行い、研究計画を立案することができる。
  5. 研究計画に基づいてデータ収集を行い、結果をまとめ、分析、考察し、論文にまとめ、発表することができる。
  6. 他の専門職者や研究者との連携・協働において適切なコミュニケーションをとることができ、人々の健康、福祉、安寧を図ることができる。
  7. 学術的かつ国際的な視野を持ち、海外の専門家や学生と交流ができる。

リハビリテーション科学研究科 博士後期課程

目的
建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を基盤に、高い倫理観を身につけ、学識を深め、理学療法学、作業療法学、言語聴覚学等、リハビリテーション科学分野について自立して研究活動を行い得る優れた専門性と人間性を備え、創造性、応用力を持ち、多職種連携・協働ができ、広く世界に通用する高度専門職業人を育成する。
目標
リハビリテーション科学研究科博士後期課程の目的を達成するため7つの目標を掲げる。
  1. 「生命の尊厳と隣人愛」の精神を基盤とする倫理観をもって、研究および実践を行い、自らの行動に反映することができる。
  2. リハビリテーション分野の高度な専門知識・能力を習得し、探求心と論理的思考力を身に付け、問題解決を図ることができる。
  3. 自らの研究分野以外の幅広い視野を持ち、俯瞰的なものの見方と専門応用力を駆使して、新たな知を創ることができる。
  4. 新規性の高い研究課題を自ら発見し、先行研究をレビューし、独創的な研究テーマを設定して、自立して研究計画を立案することができる。
  5. 研究計画に沿ってデータ収集を行い、結果のまとめ・データ分析・考察を適切に行い、論文にまとめ、発表するという一連の作業を自立してできる。
  6. 他の専門職者や研究者との連携・協働を通してリーダーシップを発揮し、人々の健康、福祉、安寧に貢献することができる。
  7. 学術的かつ国際的な視野を持ち、グローバルな活躍を目指し、海外の専門家と交流ができる。

社会福祉学研究科 博士前期課程

目的
建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を基盤とする倫理観を身につけ、広い視野に立って学識を深め、社会福祉学及び介護福祉学における高い研究・実践力を持つ高度専門職業人を育成する。
目標
社会福祉学研究科博士前期課程の目的を達成するために、以下の7つの目標を掲げる。
  1. キリスト教精神に基づく、高い倫理観と基本的人権尊重の考えを養い、社会福祉の実践・研究に反映させることができる。
  2. 最新の高度な社会福祉学及び介護福祉学の専門知識、能力を習得し、関連諸科学における主要な理論、研究方法に関する理解を深め、社会福祉学及び介護福祉学の諸課題の解決について、基礎的研究能力を習得することができる。
  3. 自らの専門分野以外の知識を習得し、幅広い視野を持ち、俯瞰的なものの見方、応用力を身につけ専門性の高い活動を実践できる。
  4. 研究課題を自ら発見し、社会福祉学及び介護福祉学の先行研究をレビューし研究計画を立案できる。
  5. 研究計画に基づき、データ収集を行い、分析・考察し、結果を論文にまとめ、発表することができる。
  6. 社会福祉専門職として、他の保健医療専門職、研究者と連携・協働し、人々の健康、福祉、安寧を図ることができる。
  7. 学術的かつ国際的視点に立ち、グローバルな活躍を目指し、海外の専門家や学生と交流ができる。

社会福祉学研究科 博士後期課程

目的
建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を基盤に、高い倫理観を身につけ、学識を深め、社会福祉学の各専門分野について自立して研究活動を行い得る優れた専門性と人間性を備え、創造性、応用力を持ち、多職種連携・協働ができ、広く世界に通用する高度専門職業人を育成する。
目標
社会福祉学研究科博士後期課程の目的を達成するために、以下の7つの目標を揚げる。
  1. 「生命の尊厳と隣人愛」の精神を基盤とする高い倫理観をもって、社会福祉学分野の実践・教育・研究を自らの行動に反映することができる。
  2. 社会福祉学の専門職として、高度な専門知識・能力を習得し、優れた問題解決能力を発揮することができる。
  3. 自らの研究分野以外の関連諸科学における幅広い視野を持ち、俯瞰的なものの見方と専門応用力をいかして、新たな知をつくることができる。
  4. 社会福祉分野における自立した研究者として研究課題を自ら発見し、先行研究をレビューし、創造的な研究テーマを設定し、それに沿った研究計画を立てることができる。
  5. 研究計画に沿ってデータ収集、統計的・事例的調査を行い、結果のまとめ、データ分析・考察を適切に行い、論文にまとめ、発表するという一連の作業を自立してできる。
  6. 社会福祉学の視点から深い学識と視野に立って、保健医療をはじめとする他の専門職や研究者と連携・協働し、リーダーシップを発揮することができる。
  7. 学術的かつ国際的な視野を持ち、海外の専門家と学術的な研究交流ができる。