グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

学校紹介


多様な進路




学生の学ぶ意欲を育て、さらに学びを深めたい学生には大学編入学、その後の大学院進学といった将来の学びの場が開かれています。

本校では2年間の学びで介護福祉士の国家資格取得をめざします。卒業後は福祉施設への就職だけでなく、大学編入学などさまざまな進路を選ぶことができます。

VOICE 大学編入学者の声

橋爪 華蓮さん

2020年度 専門学校入学、2022年度 大学社会福祉学科編入学、静岡県立浜松大平台高校出身

介護が必要な高齢者やその家族を、
生活支援・相談支援の両方によって援助したい

私が大学編入学を志望した理由は、専門学校で学んだ生活介護からその人らしさを支援することに加えて、介護が必要な高齢者やその家族を、相談支援という側面からも援助したいと考えたからです。このように考えるようになったのは、介護実習で相談支援員の方の話を聞かせていただく機会があり、利用者さまやその家族が抱いている不安や悩みをさまざまな視点で捉えていく必要があると感じたためです。
大学編入後は、社会福祉を体系的に学び、実践につながる力を身につけ、国家資格である社会福祉士の資格取得をめざしたいと思っています。

大学編入学 〜専門学校と大学は何が違うの?〜

生活を支える介護福祉を実践し、マネジメントを行い他職種と連携・協働できるリーダーを養成します

介護サービス利用者のQOLの向上、介護と医療の連携強化と適切な役割分担の促進、地域包括ケアの推進など、介護サービスの高度化に対する社会的な要請に応えるために、生活を支える専門職としての介護福祉士、そのリーダーを養成します。
介護福祉士としての十分な介護実践力をもち、福祉施設、在宅サービス事業所(ヘルパーステーション、デイサービスセンター、グループホーム)などで活躍するリーダーを養成します。

介護福祉士に加え、社会福祉士の資格を取得しWライセンスをめざします

社会福祉士は、福祉サービスを必要としている人やその家族に対してソーシャルワークの専門知識、技術を用いて適切な相談援助を行うとともに、その人たちが暮らしやすい福祉のまちづくりを推進するための活動を行います。
聖隷クリストファー大学社会福祉学部社会福祉学科では、Wライセンス取得を支えるために、通常の対策講座等に加えて、「学科全員が合格するんだ!」というモチベーション向上のための学科懇談会や学修方法に関する個別相談の機会を積極的に設けています。合格することが難しい社会福祉士国家試験にも合格できるように皆さんの学びを支えます。

大学院進学 〜大学と大学院は何が違うの?〜

社会福祉実践分野において指導的な役割を果たすことができる優れた専門性と研究能力を備えた専門職者の養成をめざします

聖隷クリストファー大学大学院の社会福祉学研究科は、静岡県で唯一、社会福祉学の博士後期課程を有しています。福祉の現況に強い関心をもつ学部生や、専門職として働いていて現場の課題について考えたい方が大学院に進学し、学んでいます。
現在の社会では、人々を取り巻く生活環境が複雑化し、人々の生活のニーズが高度化してきています。しかし、福祉政策は増大する要求に十分応えることができておらず、社会福祉を取り巻く課題は大きくなってきています。そのような状況のなか、実践課題とその解決への道筋を探り、研究を通して明確にしたい、そんな思いをもった方の進学をお待ちしています。