イラスト

FEATURES

こども園の特色

「キリスト教主義を基盤に、心身ともに健やかなこどもの成長を育む園」

激しく変化をする予測不可能な世界の中で、子ども達がより充実した幸せな人生を歩んでいくために
生涯に渡って必要な能力や資質を、さまざまな体験を通して育んでいきます。
多文化に対する理解、知識、探究心、そして思いやりのある人間力を幼児期から
バランスよく身につけていくことを目標としています。

キリスト教保育

子ども達は聖書のお話やお祈りを通して、神様の存在を感じ、一人ひとりが神様や周りの人に愛されているかけがえのない存在であることを学びます。聖隷学園の建学の精神である「自分のようにあなたの隣人を愛しなさい」という聖書に示される愛の心・思いやりの気持ちを、子ども達が互いに持てるよう願っています。

  • イメージ
  • イメージ

グローバル教育

多様な文化や考えに触れ、人が持つ違いを「違い」として理解し、尊重の精神を培うことを目指します。保育時間内・時間外のEnglish timeの他、英語のネイティブスピーカーが担任の一人として日常生活やあそびに入り、子どもたちとの時間を過ごします。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

静岡県西部地区で初!
「国際バカロレア候補校」の認定を受けました

2022年1月、クリストファーこども園と聖隷クリストファー小学校は、国際バカロレア機構(IB:International Baccalaureate)が提供する国際的な教育プログラムのうち、3~12歳児が対象となる「プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)」の候補校認定を受けました。現在、2024年度にIBワールドスクール(認定校)になることを目指して取り組んでいます。IBとは(文科省) ※国際バカロレア(IB)のプログラムは、国際バカロレア機構より認定を受けた学校のみ実施することができます。候補校であることは、IBワールドスクールとして認定されることを保証するものではありません。

食育

三方原の自然豊かな環境を生かし、食育に取り組みます。「栽培・収穫・調理」の食の一連のプロセスを通して命の繋がりに気付き、食への関心・感謝の気持ちを育んでいきます。毎日、ランチ(おやつ)は自園で調理し、温かくておいしい愛にあふれた食事を提供しています。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

自然体験

園から徒歩で行ける場所に、たくさんの木々、竹林、リス・カブトムシ・蝶などの生き物が住み、そして季節ごとに移り変わる自然豊かな「森」があります。子ども達は、自然の環境の中では普段の何倍も五感が刺激され、発想力・想像力・根気・知恵などが育まれていきます。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

森には、ファイヤープレイス・東屋・野菜畑も!

園庭

子ども達は園庭で毎日繰り返し遊ぶことで、チャレンジ精神、科学の芽、思考力などたくさんの力が身につき、しなやかな心と体が育まれていきます。「子ども自らが育つ園庭」づくりを目指し、2018年より保護者ボランティアさんと保育者が一緒になりプロジェクトに取り組んでいます。園庭の進化と共に子どもたちもどんどん進化しています。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

園の特色は、入園説明会にて、詳しくご案内しています。1号認定児(幼稚園)の説明会は例年5月、2.3号認定児(保育園)の説明会は例年9月頃に実施します。入園説明会の最新情報はNewsにてご確認ください。

また、0~2歳児の親子を対象に親子ひろばを毎月開催しています。園庭で遊ぶことのできる園庭解放日もあります。ぜひお気軽に、親子で遊びにいらしてください。