イラスト

NEWS

お知らせ

親子ひろば《カンガルー》スケジュール

2022.07.01

  • クリストファーこども園の親子ひろば《カンガルー》は、毎週開催しています。
    0歳児から未就学児のお子様まで、親子でお気軽に遊びにいらしてください。

    カンガルーム(遊戯室)・園庭開放の日は、ご予約不要です。
    開放時間内に、こども園の受付までお越しください。
    ※7月13日(水)のカンガルーム・園庭開放日は、「お弁当持参日」といたします。よろしければご準備の上、ご参加ください。

    イベントの日は事前予約制となっています。

    7月のイベントは、
    7月14日(木)10:00~「親子ヨガ」です。 ←申込受付中
    お子様といっしょに身体を動かしてママもリフレッシュしましょう♪

    お申し込みは 申し込みフォーム よりお願いいたします。

  • ◆◆カンガルースタッフ 7月のコラム◆◆

     親子ひろばカンガルーのクッキングでは、ホットケーキ作りが度々登場します。始める前に子どもたちに向けて「しろくまちゃんのホットケーキ」の絵本を読みます。そしてお母様方には川島隆太さん(東北大学教授・医学博士)の著書「ホットケーキで能力が上がる」の本のお話をさせていただいています。

     脳を鍛える「脳トレ」で知られる川島隆太教授は、思考力や記憶力をつかさどる「前頭前野」を、生活の中で気軽に育む方法として、料理に着目しました。しかも、おやつ作りなら子どもも手伝いやすいと考え、森永製菓と共同で、ホットケーキ作りを通して二つの実験をしたところ、予想以上の効果が見られたとのことでした。
     まず、幼児11人が、親と一緒にホットケーキを作っている時の脳の状態を計測したところ、牛乳をカップで量る、卵を割る、混ぜる、フライ返しで裏返す、チョコレートシロップで飾る、の各過程で活性化していたそうです。また、親子13組にホットケーキを週1回作ってもらい、その際に子どもをほめることを意識してもらいました。そして6週間後、育児ストレスや子どもの行動の変化を調べると、それまでと同じように暮らした親子に比べ、親は「子育てに対する自信がつき、健康感が向上」、子どもは「不安や抑うつが消え、問題行動が減る」という効果が表れたということです。
     川島教授は「料理を通して親子でふれあうことが大切です。親子のふれあいには、いろんな方法があるけれど、「脳トレになるから」というのも一つのきっかけになるかもしれない」とおっしゃっています。

     ホットケーキにかかわらず、お子様と一緒に幸せな時間を共有することが大切だと思います。次回親子ひろばのホットケーキ作りは秋頃に、行いたいと思っています。ぜひご参加ください。(今西 あゆみ)