イラスト

NEWS

お知らせ

親子ひろば《カンガルー》スケジュール

2022.12.01

  • クリストファーこども園の親子ひろば《カンガルー》は、毎週開催しています。
    0歳児から未就学児のお子様まで、親子でお気軽に遊びにいらしてください。

    保育室開放・カンガルーム(遊戯室)開放・園庭開放の日は、ご予約不要です。
    開放時間内に、こども園の受付までお越しください。

    イベントの日は事前予約制となっています。

    12月のイベントは、
    12月20日(火)10:00~「親子リトミック」です。

    お申し込みは 申し込みフォーム よりお願いいたします。

  • ◆◆カンガルースタッフ 12月のコラム◆◆

    もうすぐクリスマスがやってきます。こども園のクリスマスツリー、もみの木の一番上に輝いているベツレヘムの星をご覧になったことがありますでしょうか? あの星は麦わらを干して水につけてから乾燥させ、編み込んで作った麦わらの星です。クリストファーこども園が開園して初めてのクリスマスに、わかば保育園(現在の聖隷こども園わかば)の元園長、小松洋先生が作ってくださいました。小松先生との出会いは50年ほど前、私がわかば保育園に保育士として就職した時でした。乳児担当の小松先生は三角巾に割烹着姿で保育をされていました。それから小松先生は、勤務先の同僚であり、園長先生であり、また同じ教会の教会員として、無知な私に多くのことを教えてくださいました。また小松先生が54歳の時、鈴木孝幸さん(パラリンピック金メダリスト)の里親となり、良き働きをされました。そして常に、ハンディキャップを持っている子どもたちや、困っている保護者の味方でもありました。小松先生の生き方は私の憧れであり目標でもあります。小松先生のような生き方に少しでも近づきたいと強く願っています。先日小松先生は天に召されましたが、今年のクリスマスにはベツレヘムの星(トップスター)と共に私たちの心をも輝かせてくださると思います。
    (今西 あゆみ)