11/16(土)教育フォーラムおよび小学校 学校説明会を開催しました。

聖隷学園は2020年4月に聖隷クリストファー小学校(SCES:Seirei Christopher Elementary School)の開校準備を進めています。
※初年度は1・3・5年生を募集しております。2期募集は12/10(火)からです。詳しくはお問い合わせください。

11/16(土)午前に遠鉄百貨店えんてつホールにて早稲田大学教育・総合化学学術院 教授 原田哲男先生を講師としてお招きして市民の皆さまにも開かれた「公開教育フォーラム」を開催し、数多くの皆さまにご参加いただきました。

 

英語イマージョンを専門とされる講師 原田哲男先生から日本の英語学習の現状等についてお話がありました。
外国語学習に不可欠な要素とは学習者が理解できる意味のある言語の多量のインプットとアウトプットが必要であるということ、そして英語イマージョン教育の有効性についてお話いただきました。

講師 早稲田大学 原田 哲男先生

 

 

 

 

 

 

 

 

午後には2020年4月開校予定の聖隷クリストファー小学校 学校説明会を行い、小学校の教員を紹介させていただきました。

教員紹介

 

 

 

 

 

 

 

説明会では2020年4月小学校着任予定のクマザワ・ジョージ先生から、本校の「英語イマージョン教育」と「探究型授業」の関係について説明をさせていただきました。

クマザワ・ジョージ先生

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて中学、高等学校をIB(国際バカロレア)教育で学んだ大学生によるパネルディスカッションが行われました。
自分の考えをしっかり持って発言し、自分自身の力で将来を切り拓いている大学生たちの姿に触れ、保護者の皆さまは本校のIB教育で学んだ生徒の将来像についてイメージを広げていただけたようでした。

IB教育で学んだ大学生によるパネルディスカッション

 

 

 

 

 

 

 

そして小学校教員 濵 大輔先生より「SCESの子どもに何を育むか」をテーマに本校の目指す教育について説明をさせていただきました。

わたしたちは、浜松市を中心とした地域の方々や様々な専門家の方とつながりながら、初等教育・英語教育をはじめとした教育全体をより良くしていくことに、微力ながら貢献していきたいと願っています。今回の教育フォーラムおよび小学校説明会を通して、わたしたちの目指す「英語イマージョン × 探究的な学び」の実践について皆さまの理解を深められる機会となりましたら幸いです。

あたらしい時代に、あたらしい教育を。  New Education for a New Age.

今後も引き続き小学校HPのInformationやTopicsにて皆さまに情報をお伝えしていきますので、聖隷クリストファー小学校HP をご覧ください。