はごろも『夢』講演会でこども園にお相撲さんをお招きしました。

9/26(木)クリストファーこども園にて、はごろも『夢』講演会が開催されました。

2018年度からの継続企画として「お相撲さんと一緒に遊ぼう ~日本の伝統文化に親しみを持ち、相撲あそびを通して身体と脳の固有覚を鍛える~」をテーマに、去年に引き続き伊勢ヶ浜部屋から翠富士(焼津出身)、輝富士(群馬出身)をお招きしました。

当日は保護者会ボランティアの皆さんが園庭に作ってくれた本格的な土俵の上で、翠富士と輝富士が相撲の基本動作や稽古の様子を紹介してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして園児との交流ではらいおん組(年長クラス)で勝ち抜いた園児が翠富士と対戦し、見学していた園児たちは熱が入った大きな声で応援しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相撲あそびを通して、園児たちは自分の姿勢や力の加わり方、筋肉の張り具合や関節の曲げ伸ばしを感じ取る感覚を育てています。次第に身体の各部の関節の動きや位置を把握して、身体を動かすことができるようになるでしょう。

日本の伝統文化に親しみを持ち、相撲遊びを通して身体と脳の固有覚を鍛えるという目的で企画し、はごろも教育研究奨励会の助成を受けて実現された今回の講演会を通し、園児たちは自分達の固有覚を刺激されたようでした。

この貴重な機会を与えてくださったはごろも教育研究奨励会に感謝申し上げます。