ホームカミングデーとは

ホームカミングデーとは

ホームカミングデーは、仕事や研究・研修の拠り所として、また保健医療福祉の最新情報や人材情報の交換拠点として母校を活用してもらうよう本学の現在を伝える機会、同窓生、先輩・後輩と旧交を温め教職員と交流する機会としています。

プログラムは、同窓生、あるいは先輩・後輩がお互いを知ること、保健医療福祉の専門職連携を考えること、専門職同士の交流をすることができるように工夫をしています。ホームカミングデーを通して教員と卒業生、卒業生同士のネットワークが広がり、助け合い、刺激し合い、お互いに研鑽することによって地域の保健医療福祉の質が向上することを期待しています。また、教員は、卒業生から保健医療福祉の現場の情報を直接得ることができます。

ホームカミングデー2017実行委員会
ホームカミングデー2018実行委員会

開催日

2018年 11月 3日(土・祝)
10:00~15:30 ウェルカムセンター(随時受付、インフォメーション、待ち合わせ、キャンパスツアーなど)
13:00~15:10 ウェルカムセレモニー、領域ごとの勉強会・交流会
17:00~19:00 パーティ

会 場

聖隷クリストファー大学(ウェルカムセレモニー、勉強会・交流会)
オークラアクトシティホテル浜松(パーティ)

ページの先頭へ戻る