グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


聖隷クリストファー大学 大学院


博士前期課程



教育・研究指導概要および内容

看護学分野

基礎看護学領域
◇概要◇
看護活動の拡大に伴う安全で質の高い看護ニーズに応えるために、基盤となる理論と技術開発を主体的に学修します。基礎看護学に関する理論を精査・探究し、看護の対象となる人々の関係性や看護実践技術の構造を検証し、看護基礎教育および看護実践技術に関する評価手法とその開発を自立して研究できる能力を修得します。
◇内容◇
  • 看護技術および看護技術教育に関する研究
  • フィジカルアセスメント教育・実践に関する研究
  • 形態機能学を活用した看護実践に関する研究
  • 健康長寿社会実現に向けた健康医療に関する研究
看護管理学領域
◇概要◇
基礎学習として、一般システムの理論や看護システムの特性および構成要素を修得します。それらの学習を基に、看護システム(医療システムにおける看護システム、看護サービスの質向上、看護提供システムなど)および看護システムを構成する各要素について調査・分析・検討を行い、論文を作成します。
◇内容◇
  • 看護を取り巻く状況の変化に伴う看護業務や看護師・看護管理者の行動や考えの変化等
  • 地域包括ケアシステムを踏まえた、看護提供システムの在り方に関する研究
  • 保健医療福祉連携に関する研究
  • 看護師が行うリスクマネジメントに関する研究
  • 看護管理者のリーダーシップに関する研究
地域看護学領域
◇概要◇
公衆衛生看護学や在宅看護学の立場から、地域包括ケアシステムを支え、発展させ、人々の健康な居宅生活の質を高める実践力をもつ看護職の育成を目標とします。博士前期課程では、論理的な思考や深い知識、研究法を学び、高度な実践者の育成をめざします。博士後期課程では、発見した課題を研究し、独立して研究できる人材の育成をめざします。
◇内容◇
  • 地域保健医療福祉に関する研究
  • 保健活動に関する研究
  • 行政における保健活動方法に関する研究
  • 健康危機管理に関する研究
  • 発達障害児支援に関する研究
  • 住民と行政が協働した地域づくりに関する研究
在宅看護学領域
◇概要◇
在宅で療養する多様な健康状態にある人々とその家族をアセスメントしケアマネジメントするための理論と方法論、専門的看護実践の技法を修得します。また、地域の生活と文化に依拠した看護の探求および在宅看護システムの構築、ケアの質評価、教育、連携、経営管理について修得するとともにその課題について実証的な研究を行います。
◇内容◇
  • 在宅療養者のエンドオブライフケアに関する研究
  • 家族介護者への看護支援に関する研究
  • 訪問看護師の実践能力に関する研究
  • 多職種連携に関する研究
老年看護学領域
◇概要◇
高齢社会の問題を広い視野でとらえ、高齢者の生活と健康を支える看護の専門性の拡大、さらなる発展を探求するために必要な、知識・技術・研究技法を修得することを目的とします。博士後期課程では、研究プロセス、研究成果を通して高齢者ケアの発展に寄与することをめざします。
◇内容◇
  • 認知症高齢者の看護に関する研究
  • 加齢性難聴の自覚とその対処に関する研究
  • 就労高齢者の転倒事故防止に関する研究
精神看護学領域
◇概要◇
本領域ではすべての年齢の人々の精神的健康の増進や精神疾患を抱える人々、精神看護的アプローチを必要とする生活者への支援を検討します。博士前期課程では高度専門的知識を用いて人々の精神的健康を促進する能力を修得します。
◇内容◇
  • 地域で暮らす精神疾患を持つ人々への支援に関する研究
  • 統合失調症をもつ人の語りを手がかりにした研究
  • 精神科看護師チームの機能支援に関する研究
  • 精神科看護師の感情体験に関する研究
  • 地域で暮らす要保護児童の養育者への支援システムに関する研究
慢性看護学領域
◇概要◇
慢性的な病気や障害とともに生活する人々に対して、質の高い看護ケアを提供するための知識・技術を修得することを目的とします。博士前期課程では、患者・家族の抱える問題を多面的に追及し高度専門的かつ倫理的な看護実践能力を修得します。博士後期課程では、複雑多様な問題状況の概念化、ケアモデルの開発をめざします。
◇内容◇
  • 慢性疾患と共に生きる人々への看護に関する研究
  • 人生の最終段階を生きる人々への看護に関する研究
  • 療養生活支援に関わる看護職の専門性・実践知に関する研究
急性看護学領域
◇概要◇
博士前期課程では、生命危機状態にある患者・家族が直面する課題を多面的に追究するとともに、質の高い急性期看護を提供するための高度専門的および倫理的な看護実践能力を養います。博士後期課程では、クリティカルケアの現場で提供される看護を説明する理論の開発やよりよい看護方法の開発をめざします。
◇内容◇
  • 急性期にある患者の合併症予防や回復促進に関する研究
  • 術前・術中・術後の周術期における看護ケアに関する研究
  • 急性期看護における看護技術に関する研究
  • 救急場面にあるまたはクリティカルな状態にある患者および家族の看護に関する研究
がん看護学領域
◇概要◇
博士前期課程では、がん患者・家族のもつさまざまな問題を身体・心理・社会・霊的に広く深く追究し、QOLを高める高度専門的かつ倫理的な看護実践能力を修得します。博士後期課程では、がん患者の複雑多様に絡み合ったトータルペインや倫理的問題を多角的に解明し、問題解決のための理論や方法論、技法の開発をめざします。
◇内容◇
  • がんの症状マネージメント・緩和ケアに関する研究
  • がん患者およびその家族の看護援助に関する研究
  • がん患者のストレス・コーピングや倫理的課題に関する研究
  • 終末期がん患者へのシームレスなケア・看取りに関する研究
  • 各種がん治療の有害事象とそれに対するケアに関する研究
  • 予防から診断、治療、在宅療養、看取りなどすべてのがん療養プロセスにおける看護に関する研究
ウィメンズヘルス看護学領域
◇概要◇
博士前期課程では、女性の健康問題やハイリスク周産期ケアの概念・理論に関する理解を深め、看護実践における研究課題に取り組むことを通して、基礎的研究能力を修得します。博士後期課程では、専門領域にかかわる高度な知識を深め、課題解決のための理論構築や技術開発の方法を身につけ、自立して研究を行える能力を修得します。
◇内容◇
  • 周産期および女性のライフサイクル全般にわたる健康課題に関する研究
  • 早産児や何らかの異常を持って生まれた新生児とその母親ならびに家族への看護援助に関する研究
  • 母乳育児に関する研究
助産学領域
◇概要◇
周産期にある人々が安全・安心して出産・子育てができ、親業が遂行でき、健全な子どもたちを次世代につなげるために助産師の責任・役割、専門性を探求します。研究過程を通して研究的思考を学び、論文作成の基礎を修得します。
◇内容◇
  • 低出生体重児の予防と母体の栄養と母児の体重に関する研究
  • 子ども虐待予防のための妊娠期からの家庭訪問活動に関する研究
  • 周産期の対象にある人々が安全・安心できる助産の技に関する研究
小児看護学領域
◇概要◇
博士前期課程では、成長・発達途上の子どもを理解し、子どもと親・家族の健康を増進するための看護援助を探求することを目的とします。博士後期課程では、さまざまな健康障害・障がいをもつ子どもと親・家族の抱える複雑多様な問題解決のための理論や方法などを身につけ、自立して研究できる能力の修得をめざします。
◇内容◇
  • 健康障害をもつ小児と親・その家族へのケアに関する研究
  • 障害をもち成長・発達をする小児と親・その家族へのケアとサポートに関する研究
  • 小児看護の継続教育、管理に関する研究

研究内容・教員紹介

教育課程

修士論文題目

修了生の研究テーマ

  • 助産師出向支援事業における出向元となる病棟看護師長の人的資源管理プロセス
  • 看護師の専門職的自律性と職務満足度に影響を与える専門看護師の実践介入
  • 外来看護師が行う在宅療養支援の実態と課題
  • 就労を継続している潰瘍性大腸炎患者の生活調整
  • 乳がん化学療法による爪症状が患者の日常生活に及ぼす影響とその対処
  • 在日ブラジル人産婦への助産ケア-助産師への聞き取りから-
  • 初回手術を経験し初めて退院にいたった先天性心疾患の子どもをもつ父親のレジリエンス
  • 眠っているような状態にある重症心身障害児の感情に関する看護職の認識と実践

修了生の声

丸山 和真さん

2021年度 修了
勤務先:聖隷三方原病院 F6病棟(手術以外のがん治療全般を担う専門病棟)

私は尊敬する指導者の下で看護管理について学びたいと思い進学を決めました。大学院での3年間は看護管理について学ぶのみでなく、看護師としての自分を見つめ直す時間となりました。今後は、看護師が誇りとやりがいを持ち働くことができる環境作りに貢献したいと思っています。

時間割