グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


入試情報


Q&A


受験に関するQ&A

Q. 一般選抜(前期)と奨学生選抜では、複数の試験場がありますが、試験場による有利、不利はありますか?

A. どの会場も同一の試験問題で行います。合否判定の際の有利、不利はありません。

Q. 出願後に出願内容の変更はできますか?

A. 一般選抜と奨学生選抜の「試験科目」は出願時に選択してください。出願後や試験当日には変更できませんので、出願時に慎重に決定してください。
また、「志望学部・学科」「試験場」についても出願後の変更は認められません。慎重に出願書類を作成してください。

Q. 奨学生選抜の併願について教えてください。また、他大学との併願も可能ですか?

A. 奨学生選抜は「看護学部」「リハビリテーション学部」「社会福祉学部」の全学部・全学科を併願できます。何学科併願しても、検定料は一律30,000円です。また、他大学との併願も可能です。

すでに総合型選抜や学校推薦型選抜で合格しているのですが、奨学生選抜は受験できますか?

A. すでに合格している学科を受験できます。奨学生の採用をめざして、ぜひチャレンジしてください。

Q. 一般選抜の併願について教えてください。

A. 一般選抜(前期)(後期)では、1回の受験で「看護学部」「リハビリテーション学部」「社会福祉学部」を併願することができます。
リハビリテーション学部は第2・第3志望の学科を志望登録することができます。
社会福祉学部は学科併願ができます。

Q. 大学入学共通テスト利用選抜の併願について教えてください。

A. 「看護学部」「リハビリテーション学部」「社会福祉学部」の全学部・学科を併願できます。

Q. 学校推薦型選抜で不合格となった場合でも、一般選抜や奨学生選抜などで受験できますか?

A. もちろん受験できます。学校推薦型選抜が不合格になっても奨学生選抜、一般選抜、大学入学共通テスト利用選抜で受験できます。また、学校推薦型選抜の結果が不利にはたらくことはありません。

Q.一般選抜(後期)で リハビリテーション学部・社会福祉学部ので2学科以上志願する場合には、面接はどうなりますか?

A. 同一の学部であれば、面接は1回だけです。

Q. 一般選抜(後期)で看護学部・リハビリテーション学部・社会福祉学部を併願する場合には、面接はどうなりますか?

A. 各学部の面接を受けることになります。つまり、全学部を併願した場合の面接は3回です。

Q. 総合型選抜と学校推薦型選抜(公募制)の違いは何ですか?

A. 総合型選抜は、出願資格に評定平均値による基準を設けていません。
各学部・学科に興味・関心があり、高校生活で培った得意分野をアピールできる方でしたら、どなたでもチャレンジできます。