Q&A
聖隷クリストファー小学校について
1. 教育内容について
Q聖隷クリストファー小学校はインターナショナルスクールですか?
  • A
  • 学校教育法第1条で定められている小学校です(一条校)。
    インターナショナルスクールではありません。
Q教科でわけず、教科横断型で授業を行うことや、英語イマージョン教育は学習指導要領上、問題はないのですか?
  • A
  • 学習指導要領内に含まれている内容を6年間かけて総合的に学習していきます。
    英語による英語イマージョン教育の実施については、文部科学省へ教育課程特例校申請し、実施します。
Q授業は英語だけで行われるのですか?
  • A
  • 英語で行う授業と日本語で行う授業があります。
    入学当初はだんだん英語での学習に慣れるように特別プログラムを用意します。
    基本的には国語や社会科は、日本人教員が日本語で指導します。それ以外の授業は英語で行います。
2. 日本語・日本文化の教育について
Q日本語は十分に身に付きますか? 日本人としての価値観等は身に付きますか?
  • A
  • 母語としての日本語力の修得には力を入れます。そして、日本人としてのアイデンティティを確立させるために、日本文化や歴史を学ぶことは大切なことと考えます。なお、日本人としてのアイデンティティは英語イマージョン教育の中で、子供達が自国を振り返る機会とともに自然に意識されてくることです。
3. 教員に関して
Qクラスの教員配置はどのようになりますか?
  • A
  • 日本人、外国人教員の二人担任制でクラスを担任することを予定しています。
    日本人教員については、日本語・日本文化教育の要となるため、教育力のある人材の就任に向けて準備しています。
Q外国人教員はネイティブ教員になりますか?
  • A
  • 外国人教員については、ネイティブ教員の採用を考えています。
    国内外で教育の経験のあるネイティブの外国人教員とのダブル担任制を取り、質の高い教員による少人数教育を目指しています。
4. 登下校に関して
Qスクールバスはありますか?
  • A
  • スクールバスの運行を検討しています。(費用は利用者負担) ※路線については今後決定予定です。
    保護者の自家用車での送迎も可能となっております。
Q登校時刻、下校時刻は何時になりますか?
  • A
  • 本校の登校時間は、8時20分の予定です。
    8時20分から朝の会(朝読書)などの活動がスタートします。
    帰りの会・清掃が終了するのは、15時20分です。詳細は1日の流れをご覧ください。
    また、授業後に任意で別費用のアフタースクールの開講も検討しています。
5. 入試について
Q入学試験は行いますか?
  • A
  • 入試は実施いたしますが、一般的な「お受験」ではありません。保護者には、聖隷クリストファー小学校の教育理念に対してのお考えや家庭での子育ての方針などを伺う方向で検討しています。(セミナーへの参加が必須になる可能性があります)志願するお子さんには、様々な体験(遊びを含め)を通して「見つけた・もっと知りたい・聞いてほしい」などの探究的な子供らしさがわかるような方法を検討しています。英語の能力は問いませんが、他言語に対する適応性は必要と考えます。
6. 進路について
Q小学校卒業以降、どのような進路になりますか。
  • A
  • 「小-中-高」でイマージョン・探究型学習を学べるコースを考えています。
    中学、高校に進学する際には、内部進学時のテストの実施を検討しています。
Q進路、就職等、将来像はどのようになりますか。
  • A
  • 子ども達は、イマージョン教育・探究型学習により、自らやりたいことを見つけ、自己実現に向かって成長していきます。高い学力、探究力、主体性を活かし、国内外の大学・大学院に進学する子もいれば、夢の実現のために世界に旅立つ子もいます。さらに、学びを深めたい時には国内外の専門職大学院やメディカルスクールへの進学も考えられます。将来は自分の興味関心を活かし、日本をはじめ世界のグローバル企業に就職して社会に貢献する人を養成します。