グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

キャンパスライフ

ホーム > キャンパスライフ > 実習/国家試験対策

実習/国家試験対策



介護実習

介護実習Ⅰでは、利用者とのコミュニケーションの在り方、介護福祉士の役割について理解することを目的とします。介護実習Ⅱ・Ⅲでは、受け持つ利用者のニーズに沿った介護計画の作成、実施、実施後の評価、計画修正といった一連の介護過程を展開し、他科目で学修した知識や技術を統合して、実践力を身につけることを目的とします。

実習スケジュール


学生の感想

2年 松下 琴美さん

私は、聖隷厚生園信生寮で12日間の介護実習Ⅰを行いました。介護実習で学んだことは2つあります。
1つ目は、利用者さまとのコミュニケーションの取り方についてです。利用者さまとの関わりを通じて、笑顔で会話をすることや傾聴することが大切だということを学びました。さらに、利用者さまの好きな食べ物や趣味などの話題からコミュニケーションを取ることで、利用者さまのことをより深く理解できると実感しました。
2つ目は、個別ケアの重要性についてです。個別ケアにおいては、食事の飲み込みが苦手な利用者さまには、食膳の嚥下体操が重要であることを理解しました。お一人おひとりにあった個別ケアの提供を考えて、それを実践に結び付けていくことが、いかに重要であるかということを学ぶことができました。この実習で学んだことを日々の授業でさらに深め、次の実習につなげていきたいと考えています。

2年 山内 隆太郎さん

私は、社会福祉法人子羊学園の三方原スクエア・風の丘で12日間の介護実習Ⅰを行いました。今回、実習を通して学んだことは2つあります。
1つ目は、コミュニケーションの取り方についてです。実習では、さまざまな利用者さまとコミュニケーションを取りましたが、利用者さまによって、それぞれコミュニケーションの取り方に違いがあるということを学ぶことができました。実際に話す際には、利用者さまの話にうなずくことや繰り返しなど、授業で習ったコミュニケーション技術を活用し実践することができました。
2つ目は、利用者さま一人ひとりを観察することの重要性です。多くの利用者さまがいるなかで、それぞれに特徴やしぐさがあり、1人ひとり違った個性があるということを学ぶことができました。
今回の実習は、初めての介護実習だったので、緊張もしましたが、多くのことを学び、理解を深めることができました。これらのことを踏まえて、次の実習でも一生懸命に取り組んでいきたいと考えています。

介護実習報告会

報告会には実習施設の指導者の方も
ご参加くださいました

介護実習報告会は、学生たちが実習で得たことを振り返りながら、学んできたことや今後の課題などを発表し、当日の司会をはじめ運営全般も学生たちが行います。
実習施設の指導者の方にもご参加いただき、講評や質疑応答も活発に行われます。昨年度は、新型コロナウイルス感染症の影響によってオンラインでの開催となりましたが、緊張しながらも、立派に発表する姿が印象的でした。

介護福祉士国家試験対策

~充実したサポート体制~

入学時より介護福祉士国家試験のオリエンテーションを行い、日々の授業においても常に国家試験を意識した授業が展開されます。また、2年次の秋セメスターから、専門学校専任教員、大学社会福祉学部社会福祉学科介護福祉コース教員、外部講師による国家試験対策講座が実施されるなど、国家試験合格に向けたサポートを行っています。模擬試験も実施されるため、その段階の自分自身の得意科目や苦手科目を知ることができ、より合格へと近づくことができます。専門学校棟にある実習教育室には国家試験関連の書籍があるため、学生同士で話し合いながら勉強が進められるなど、学内の学修環境が整っています。

2020年度合格率 95.8%(全国平均71.0%)

国家試験対策講座の様子(大学と合同で実施)