グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

キャンパスライフ

ホーム > キャンパスライフ > 学生の一日

学生の一日


ある日の学生の一日

登校

8時30分/礼拝

前身である聖隷介護福祉専門学校の歴史の継承、キリスト教精神に基づく介護福祉教育の実践の1つとして、毎朝礼拝を行っています。週に2回は外部の奨励者をお迎えし、聖隷の先達の方々との出会いを通して、多様な価値に柔軟に対応する力や人間力を養います。

8時50分/授業「生活支援技術Ⅱ」

その人の自立・自律を尊重し、潜在能力を引き出したり、見守ることも含めた適切な介護技術を用いて、食事の介護、自立に向けた入浴・清潔保持の介護、自立に向けた排せつの介護を、利用者体験、介護者体験を通して学びます。

10時25分/授業「介護総合演習Ⅰ」

介護実習の意義や意味を理解し、実習に伴う準備のため「介護実習」と連動して行う科目です。演習形式の授業を通して実習施設の概要を学ぶとともに、介護実習へ取り組む姿勢や記録の書き方などを学んでいくため、学生自身が安心して介護実習に臨むことができます。

11時55分/昼休み

専門学校棟の実習教育室や大学2号館学生ホール(食堂)などで昼食をとり、リラックスした時間を過ごしています。

13時25分/授業「音楽」

「音楽」とはどのような分野なのかを理解するとともに、音楽が日常生活で果たしている役割、社会や教育における音楽の意義、医療と音楽のかかわりについて考えることを目的とし、医療や介護における音楽の役割についても学びます。

15時00分/授業「こころとからだⅠ」

介護を必要とする人の生活支援を行うため、介護実践の根拠となる人間の心理、人体の構造や機能を学びます。介護実践に必要な観察力や判断力を含めた、基礎的な知識を身につけることを目的としています。

16時30分/おわりの会

終業時に行い、自分の行動を振り返ることと、自分の周りの環境を整える習慣、その日に出会えた多くの人や事柄に感謝するこころを培います。
下校

在学生の声

2年 和田 凌典さん/静岡県立天竜高校出身

本校を選んだ理由は?
祖父の体が不自由になり、日常の動作が困難になったことから、介護福祉士をめざす気持ちが強くなりました。本校のオープンキャンパスに参加し、設備や学ぶ環境が充実しており、大学レベルの教育を受けられることがわかり、進学を決めました。
クラスの雰囲気は?
それぞれが目標に向かって頑張っています。また、グループワークを通して、介護に必要な知識を身につけています。昼休みや放課後は友人と楽しく過ごしています。
メッセージ
進学するにあたり、「緊張する」「不安だな」と気持ちに焦りが出てくると思いますが、先生方は真剣に相談にのって下さいます。介護福祉士をめざしたい方は一緒に頑張りましょう。

2年 山口 未由季さん/(社会人入試)

本校を選んだ理由は?
オープンキャンパスに参加した際に、まだ進路に対し迷いもあるなか、先生方や先輩方からの温かい気持ちが伝わり、とても嬉しかったのを覚えています。このような雰囲気のなかで介護を学んでいきたいと思ったので、本校を選びました。
クラスの雰囲気は?
優しくて思いやりのあるクラスだと思います。年齢もさまざまですが、分け隔てなく楽しく過ごすことができ、同じ目標に向けて一緒に頑張っていけるクラスのみんなは、私にとってとても心強い存在です。
メッセージ
学生の方はもちろん、一度社会に出られた方でも、もし介護について学びたいという想いがある方は、ぜひオープンキャンパス等に足を運んでみてください! 先生方や先輩方はとても温かく迎え入れてくれます。