グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

キャンパスライフ

ホーム > キャンパスライフ > 学生の一日

学生の一日


ある日の学生の一日

登校

8時30分/礼拝

前身である聖隷介護福祉専門学校の歴史の継承、キリスト教精神に基づく介護福祉教育の実践の1つとして、毎朝礼拝を行っています。週に2回は外部の奨励者をお迎えし、聖隷の先達の方々との出会いを通して、多様な価値に柔軟に対応する力や人間力を養います。

8時50分/授業「生活支援技術Ⅱ」

その人の自立・自律を尊重し、潜在能力を引き出したり、見守ることも含めた適切な介護技術を用いて、食事の介護、自立に向けた入浴・清潔保持の介護、自立に向けた排せつの介護を、利用者体験、介護者体験を通して学びます。

10時25分/授業「介護総合演習Ⅰ」

介護実習の意義や意味を理解し、実習に伴う準備のため「介護実習」と連動して行う科目です。演習形式の授業を通して実習施設の概要を学ぶとともに、介護実習へ取り組む姿勢や記録の書き方などを学んでいくため、学生自身が安心して介護実習に臨むことができます。

11時55分/昼休み

専門学校棟の実習教育室や大学2号館学生ホール(食堂)などで昼食をとり、リラックスした時間を過ごしています。

13時25分/授業「音楽」

「音楽」とはどのような分野なのかを理解するとともに、音楽が日常生活で果たしている役割、社会や教育における音楽の意義、医療と音楽のかかわりについて考えることを目的とし、医療や介護における音楽の役割についても学びます。

15時00分/授業「こころとからだⅠ」

介護を必要とする人の生活支援を行うため、介護実践の根拠となる人間の心理、人体の構造や機能を学びます。介護実践に必要な観察力や判断力を含めた、基礎的な知識を身につけることを目的としています。

16時30分/おわりの会

終業時に行い、自分の行動を振り返ることと、自分の周りの環境を整える習慣、その日に出会えた多くの人や事柄に感謝するこころを培います。
下校

在学生の声

2年 大杉 ららさん/聖隷クリストファー高校出身

本校を選んだ理由は?
高校の先生や家族から介護福祉士に向いているとの勧めがあり、本校のオープンキャンパスに参加しました。そこで、大学レベルの教育が受けられること、教育環境・設備が充実していることを体験することができ、本校を選びました。
クラスの雰囲気は?
私の学年には、年齢も国籍もさまざまな学生がいますが、全員が同じ目標に向かい、一緒に頑張っていくことができる雰囲気がクラスにはあります。そのような仲間は、私を支えてくれる心強い存在になっています。
メッセージ
進路について、「どうしよう?」と不安な気持ちになることがあるかもしれません。しかし、介護を学びたい、介護福祉士になりたいという思いのある方は、ぜひオープンキャンパスに足を運んでみてください。先生方、先輩が温かく受け入れてくださいます。一緒に頑張りましょう。

2年 兼房 彩乃さん/静岡県立浜北西高校出身

本校を選んだ理由は?
父が介護の仕事をしており、幼い頃から父の働く姿を見て、自分も人のためになる仕事をしたいと思い介護福祉士をめざすことにしました。そして、本校のパンフレットを見て、大学レベルの授業が受けられると知り本校を選びました。
クラスの雰囲気は?
私たちの学年は留学生が多く、分からないところがあれば、お互いに助け合い、相談することができるような優しい仲間がたくさんいます。そして、みんな同じ介護福祉士の資格を取るという目標に向かって日々努力しています。
メッセージ
介護に興味のある方や介護について学びたい方は、ぜひオープンキャンパスに参加してください。先生方や先輩が模擬授業やキャンパスツアーを通して、介護や本校について分かりやすく説明します。私たちと一緒に介護について学びませんか?