WeB OB・OG訪問WEB OB・OG VISIT

社会福祉学部 社会福祉士

子ども発達センターたっく 主任・児童発達支援管理責任者
浜松市教育委員会 スクールソーシャルワーカー 西尾崇嗣
さん

現在の仕事の特徴、魅力、やりがい
 発達障がいの子ども達に対して、身辺自立やコミュニケーションを上手に取れるように、個々にあった支援をしていきます。言葉がけがよいのか、実物の提示がよいのか等を子ども達の様子に合わせて行っていきます。また、保護者の方の相談を受けたり、在籍園・学校の先生方との連携調整等も行っています。魅力と同時に大変な部分ではありますが、個々に合わせた支援ということで、その時その時、正解がない中で関わりを考え行っていくことです。その子の状況を整理し、適すると思われる支援を自分の知識・経験から導いていくということが求められます。また、学童期の子ども達には自立した生活を送るために必要な技術や知識、経験は何かを考えながら、将来に向けての支援を意識して関わっています。
今の領域(職種)に進もうと思った理由
 児童の分野に関わりたいと思っていた際に、発達障がいのお子さんをお持ちの保護者の方に出会い、その子の通っていた障がいを持った方の水泳教室で水泳を教えたのがきっかけです。その後、関わった子達の生活の基礎を支援する場所があることを知り就職試験を受け、今に至ります。また、仕事をする中で学校との関わりが増え、“子ども達や家族の課題の複雑さ”や“保護者の方の思いと学校の対応との差異”等、学校の先生方が抱える問題が多岐に亘っていることを感じるようになりました。そのため、関係機関とのネットワーク構築や学校内でのチーム体制の強化等に関わるスクールソーシャルワーカーの必要性と今後の発展に自分も関わっていきたいと考え昨年度より現業との兼務をしています。
週に2〜3日間ほど、スクールソーシャルワーカーとして拠点校に籍を置き、個別のケースへの支援を考え、先生方と共有し取り組んだり、学校の委員会等へ必要に応じて参加をしています。
将来の夢や今後挑戦したいこと(これからのキャリアプラン)
 まずは、自分が児童分野における、幼児期から児童期にかけての知識や技術を広く習得します。そして、後輩たちに自分の経験や学びを伝えていき、専門職と言われる人材の育成をしていきたいです。目の前にある課題に対して、自分一人でやれることは限られます。共に協力し合い課題と向き合い、同じ想いや考えを持った仲間を作っていきたいと思います。

記載内容は掲載当時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

個人ページ一覧

社会福祉学部

社会福祉士
2019年

永田貴裕さん

2019年

水谷鮎美さん

2018年

山田春菜さん

2018年

平川悦子さん

2018年

後藤瑞希さん

2018年

西尾崇嗣さん

2018年

平生幸子さん

社会福祉士
2018年

儀光孝さん

精神保健福祉士
2019年

大橋聖子さん

2018年

市川智郁さん

2017年以前

清水美由紀さん

社会福祉士・精神保健福祉士
2019年

舩川晴哉さん

介護福祉士・社会福祉士
2019年

蓮井祥さん

2019年

古山千洋さん

介護福祉士・社会福祉士
2018年

横尾華稀さん

2018年

川村美帆さん

2018年

佐野仁美さん

2017年以前

鈴木麻佑子さん

介護福祉士
2018年

坪井彩実さん

2018年

蒔田広美さん

2018年

石田真規子さん

介護福祉士
2018年

伊藤将浩さん

2018年

渡邊友規さん

幼稚園教諭・保育士
2018年

小澤めぐみさん

2018年

佐々木麻衣子さん

2018年

袴田暁仁さん

2017年以前

出野かおりさん

幼稚園教諭・保育士・社会福祉士
2018年

鈴木瑞規さん

2017年以前

野中さおりさん

2017年以前

桝田晶紀さん

2017年以前

森川樹里さん

保育士・社会福祉士
2018年

佐久間啓太さん

2018年

飯尾峻平さん

小学校教諭
2019年

土谷浩司さん

ページの先頭へ戻る