WeB OB・OG訪問WEB OB・OG VISIT

社会福祉学部 社会福祉士

中東遠総合医療センター 医療ソーシャルワーカー 水谷 鮎美さん

現在の仕事の特徴、魅力、やりがい
 急性期病院は、在院日数が平均14日間と限られています。その中で筋力が低下してしまいリハビリが必要な方、医療行為が継続して必要な方など住み慣れた地域で生活するにあたって困難さを抱えている方がいます。その方の在宅介護・施設入所の相談、医療費相談や社会福制度の案内を主に行っています。急性期病院のみで完結できるケースは少ないため、患者・家族の思いを中心に様々な職種、関係機関と協力・連携していけることに魅力を感じています。
今の領域(職種)に進もうと思った理由
 中学生のころから病気がちで通院していた際に、相談にのってくださったカウンセラーの方に勇気づけていただきました。相談したからといって何かが大きく変化することはありませんが、何かあった時に相談できる相手はとても大きい存在だと実感し、私もその方のような存在になりたいと思ったからです。
将来の夢や今後挑戦したいこと(これからのキャリアプラン)
 私は誰かに自分の思いを伝えることや相談をすることが苦手なため、私自身「相談しやすい人」になりたいと思っています。日々様々な相談がある中、自分だけの知識では対応できないことも多くあります。現在勤務している職場では多くの相談件数があるので、上司や先輩の雰囲気や話し方を目標にしています。また、現在は循環器内科病棟と産婦人科病棟の退院支援職員という役割をしています。患者・家族はもちろん、疾患によっても必要となるサービスや制度も違うため、今後は担当したことのない病棟での相談支援も経験していきたいです。
後輩へのメッセージ
 私は医療ソーシャルワーカーとして勤めてまだ2年目なので、知識不足だと感じることが多いです。現在勤めている地域連携室には医療ソーシャルワーカーのほかに看護師や事務職の方がいるため、医療的内容で不明な際には看護師に、介護保険主治医意見書や訪問看護指示書などの文書の作成に関しては事務職の方に教えていただいています。1人ではなく、皆で支え合って患者・家族を支援していける仕事に就くことができ、とても充実しています。社会福祉士や精神保健福祉士といっても様々な領域での仕事があるため悩まれるかと思いますが、実習を含め、興味があることにチャレンジし、自分の進みたい道を見つけていただけたらと思います。

記載内容は掲載当時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

個人ページ一覧

社会福祉学部

社会福祉士
2019年

永田貴裕さん

2019年

水谷鮎美さん

2018年

山田春菜さん

2018年

平川悦子さん

2018年

後藤瑞希さん

2018年

西尾崇嗣さん

2018年

平生幸子さん

社会福祉士
2018年

儀光孝さん

精神保健福祉士
2019年

大橋聖子さん

2018年

市川智郁さん

2017年以前

清水美由紀さん

社会福祉士・精神保健福祉士
2019年

舩川晴哉さん

介護福祉士・社会福祉士
2019年

蓮井祥さん

2019年

古山千洋さん

介護福祉士・社会福祉士
2018年

横尾華稀さん

2018年

川村美帆さん

2018年

佐野仁美さん

2017年以前

鈴木麻佑子さん

介護福祉士
2018年

坪井彩実さん

2018年

蒔田広美さん

2018年

石田真規子さん

介護福祉士
2018年

伊藤将浩さん

2018年

渡邊友規さん

幼稚園教諭・保育士
2018年

小澤めぐみさん

2018年

佐々木麻衣子さん

2018年

袴田暁仁さん

2017年以前

出野かおりさん

幼稚園教諭・保育士・社会福祉士
2018年

鈴木瑞規さん

2017年以前

野中さおりさん

2017年以前

桝田晶紀さん

2017年以前

森川樹里さん

保育士・社会福祉士
2018年

佐久間啓太さん

2018年

飯尾峻平さん

小学校教諭
2019年

土谷浩司さん

ページの先頭へ戻る