WeB OB・OG訪問WEB OB・OG VISIT

リハビリテーション学部 理学療法学科 理学療法士

聖隷クリストファー大学 矢部広樹さん

現在の仕事の特徴、魅力、やりがい
 私は学部を卒業後、引佐赤十字病院での入院・訪問リハビリテーションと、名古屋共立病院での急性期リハビリテーションを経験し、本学の教員になりました。理学療法士になるための勉強は決して楽ではありません。学生さんたちは、毎日必死に勉強しています。そこで今までの私の臨床経験や研究が、辛い勉強を少しでも楽しく進めるための援助に繋がることに、教員としての魅力とやりがいを感じます。
今の領域(職種)に進もうと思った理由
 私は本学リハビリテーション学部の1期生です。もともと小中学校の教師に興味があったのですが、大学に在学中より恩師の先生から「卒業生が大学を育てる」という教示を受けて育ちました。私自身が母校である聖隷クリストファー大学の力に少しでもなれればと思い、また優れた理学療法士の教育に携わることで、リハビリテーションの臨床の充実に寄与でれば思い、教員になることを決意しました。
将来の夢や今後挑戦したいこと(これからのキャリアプラン)
 現在、血液透析や腹膜透析を行う患者さんや、がん患者さんに対するリハビリテーションについて研究しています。より良いリハビリテーションについて、世界の第一線で研究を進め、効果を発信していくことが目標です。また学生さんや地域の理学療法士の中から、志を同じくする仲間を募り、臨床をさらに発展させていきたいと思っています。
後輩へのメッセージ
 リハビリテーション職種のキャリアアップには、「患者さんにより良いリハビリテーションを提供する」という志が常に中心にあります。そのための方法が、私は大学院への進学と研究活動でしたし、その延長で母校の教員になることができたと感じています。真に患者さんのためになるリハビリテーションを追求し続ける、そんなセラピストを目指してもらいたいと思います。

記載内容は掲載当時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

個人ページ一覧

リハビリテーション学部

理学療法士
2019年

永田有沙さん

2019年

久原望未さん

2019年

髙山慶太さん

2019年

後藤未来さん

2019年

増田明保さん

2019年

三嶽侑哉さん

2018年

鈴木和代さん

2018年

関直哉さん

2018年

吉澤康平さん

2018年

一之瀬大資さん

2018年

鈴木友美さん

2018年

合田明生さん

2017年以前

山崎耀太さん

2017年以前

太田惠子さん

2017年以前

遠山柊介さん

2017年以前

笹本郁美さん

2017年以前

髙見亮哉さん

2017年以前

矢部広樹さん

作業療法士
2019年

甲斐淳平さん

2019年

藤田尚人さん

2019年

鈴木麻美さん

2019年

真鍋智美さん

2019年

生駒菜桜さん

2018年

大野実沙紀さん

2018年

橋本千佳さん

2018年

宮本善弘さん

2017年以前

堀雄介さん

2017年以前

鈴木真綾さん

言語聴覚士
2019年

古橋万莉子さん

2019年

橋本晃典さん

2019年

伊藤千紗さん

2018年

小池礼さん

2018年

飯田衛さん

2018年

山本梨花子さん

2017年以前

滝浪綾乃さん

2017年以前

原栄梨さん

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る