リカレント教育・勉強会RECURRENT・STUDY SESSION

リカレント教育

聖隷クリストファー大学および大学院は、皆さんが保健・医療・福祉・教育の専門職者として活躍し続けるために一層専門性を向上させ、最新の知識・技術を身に付けていくことを支援します。ご興味があればどなたでもご参加いただけますので、ぜひこの機会をご利用ください。

勉強会

本学の教員、卒業生あるいは研究科、学部学科、同窓会が主催している勉強会・研究会・講座等です。
専門職者として継続的に学ぶ機会としてご紹介します。関心のある方は担当部署・者までご連絡ください。 また、新たに勉強会・研究会を立ち上げた方は、下記内容をキャリア支援センターまでお知らせください。
»勉強会、研究会のための教室使用について

名 称 概 要 連絡先
※あっとを@に変えて
送信してください。
聖隷CNS事例検討会 本学大学院看護学研究科博士前期課程CNSコースを修了し、現在活躍中のCNSや、CNSコース在籍中の院生が集い、 複雑な問題を抱える患者・家族への看護介入事例の検討を通して、看護実践力をブラッシュアップしています。
本会の構成メンバーの多くはがん看護CNSですが、小児看護CNS、慢性疾患看護CNSなど、他分野のCNSも参加しています。CNSを目指したい、 CNSコースに入学したいとお考えの看護師の皆さま、事例検討会に参加してみませんか。
開催日時:年4回(6・9・12・3月)
場  所:聖隷クリストファー大学
大石ふみ子
(看護学部看護学科)
E-mail:
fumiko-oあっとseirei.ac.jp
看護学研究科ホームページはこちら
小児看護CNS事例検討会 本学大学院看護学研究科博士前期課程小児看護学領域CNSコースを修了し活躍中のCNSや、CNSコース在籍中の院生が集い、小児看護学領域の複雑な問題をかかえる子どもと親・家族への事例検討を通して、看護実践力の向上をめざしています。
事例検討では、6つの役割のなかで、特に「1.個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する(実践)」「2.看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う(相談)」「3.必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う(調整)」「4.個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決を図る(倫理調整)」を中心に行っています。
小児看護CNSコースに入学したいとお考えの看護師の皆さま、事例検討会に参加してみませんか。
日 時:不定期(随時連絡します)
場 所:聖隷クリストファー大学
市江和子
(看護学研究科)
E-mail:
kazuko-iあっとseirei.ac.jp
看護学研究科ホームページはこちら
保健師の集い 卒業生保健師で現在産業保健師として活躍している卒業生が現在の仕事内容等について話題提供をし、交流します。 仲村秀子
(看護学部看護学科)
E-mail:
hideko-nあっとseirei.ac.jp
聖隷社協会 社会福祉協議会は全国の各都道府県、各市町村に1か所設置されている地域福祉推進の中核的な役割を担う民間組織で、「地域共生社会」構築が叫ばれるなか、ますますその活躍が期待されています。
主に静岡県内の社会福祉協議会で「社協マン・社協ウーマン」として頑張っている卒業生による勉強会を開催し、同窓生だからこそ気軽に仕事のことを相談し合えるような「より所」になれば、と願っています。
佐藤順子
(社会福祉学部社会福祉学科)
E-mail:
junko-sあっとseirei.ac.jp
聖隷クリストファー大学
地域包括ケアシステム研究会
「地域包括ケアシステム」や「地域共生社会」が政策課題となる中で、地方自治体や地域包括支援センター、医療機関や居宅介護支援事業所などにおいて、相談事業と地域づくりを担うソーシャルワーカーは、それらをどのように受け止めて取り組んでいけば良いのか。国民生活の実態と社会保障の動向を明らかにしつつ検討しています。 村上武敏
(社会福祉学部社会福祉学科)
E-mail:
taketoshi-mあっとseirei.ac.jp
愛知アセスメント研究会 医療機関や地域包括支援センター、居宅介護支援事業所や福祉事務所などに所属するソーシャルワーカーやケアマネジャーのための研究会で、生活理論に基づくアセスメントの方法について研究しています。さらに、事例検討を通して私たちの生活と社会について理解を深めるなかで、社会保障制度と社会福祉実践のあり方について総合的に研究しています。 村上武敏
(社会福祉学部社会福祉学科)
E-mail:
taketoshi-mあっとseirei.ac.jp
子ども臨床事例検討会 医療、保健、福祉、教育、法律等の領域で子どもの支援を行っている方々が、事例検討等を通して学び合う会です。 子どもの事例は、 ひとつの機関だけで支援が完結できにくくなっています。他機関との連携には、他の支援機関の特徴や限界を知っておく必要があります。 また、多職種の視点から学び合うことはケースの多面的理解につながり、支援の幅と質を高めます。
支援困難ケースをお持ちの方や臨床力を伸ばしたいと意欲される方、さらには連携によるネットワークつくりを目指している方はぜひ参加してみませんか。
大場義貴
(社会福祉学部社会福祉学科)
http://www.npo-platform.com
浜松子どものこころの勉強会 発達障害児や被虐待児など、今、苦しんでいる子どもたちが、将来、幸せな生活を送ることができるように、 子どもたちの”こころ”を中心に理解を深め、支援を考えるために、主に教師を対象とし、臨床心理士、精神保健福祉士、精神科医も参加し、 事例検討や研修会を行っています。 大場義貴
(社会福祉学部社会福祉学科)
http://kodomokokoro.blog.so-net.ne.jp/
福祉職者対象 座談勉強会
FEST会(F会)
福祉職者の学びや情報共有、悩み相談等の話し合いの場としての座談勉強会。
開催日時:不定期
場  所:聖隷クリストファー大学
西尾崇嗣
(社会福祉学部社会福祉専攻卒業)
E-mail:
careerあっとseirei.ac.jp
えんしゅう介護福祉サービス研究会 介護福祉施設勤務者を中心として、介護福祉に関心がある方々が、法人、職種、職域の枠を超えて、「介護福祉サービス関連のテーマ」で学び合う場です。
参加者は、介護福祉従事者、学生のみならず、県庁職員、設計士、介護施設の調査員等も含まれております。 平均参加者数は30名程度で、企画によっては60名程度となることもあります。
開催日時:年6回程度
落合克能
(社会福祉学部介護福祉学科)
E-mail:
08d002あっとg.seirei.ac.jp
芸術療育・幼年美術研究会FIT 「フレンドリー・インクルーシブ・ティーチング」の頭文字を取っている通り、障害のあるなしなど関係なく、包括的な教育のあり方を、ARTを中心にして考えようという研究会です。 鈴木光男
(社会福祉学部こども教育福祉学科)
E-mail:
mitsuo-sあっとseirei.ac.jp
聖隷クリストファー・リハビリテーション学会
理学療法学科会
理学療法学科の卒業生と教員を講師として理学療法に関する臨床の知識や技術の研修会を、定期的に開催しています。 また年に数回、外部講師をお招きし、研修会を開催しています。
開催日時:月1回の研修会
場  所:聖隷クリストファー大学
矢部広樹
(リハビリテーション学部理学療法学科)
E-mail:
hiroki-yあっとseirei.ac.jp
静岡県精神科作業療法研究会

西部地区勉強会
西部地区に勤務する精神科作業療法士を中心に、実践報告や情報交換の場として、2008年6月より開始。 プログラムの紹介や困難事例の検討など、新人からベテランまで、精神保健福祉士や看護師の参加もあります。
開催日時:奇数月の第3金曜日(原則)19:00~21:00
藤田さより
(リハビリテーション学部作業療法学科)
E-mail:
sayori-fあっとseirei.ac.jp
高齢期作業療法を考える会 高齢期の作業療法についてよりよい関わり方とは何なのか、介護保険制度の改訂にどのように対応しているのか、認知症を持った方への関わり方はどのようにしたらいいのか、作業療法らしい関わり方とは、高齢者が暮らしやすい地域のあり方とは他の作業療法士はどんなことをしているのだろうと考えていませんか?
高齢期作業療法を考える会では作業療法士間のコミュニケーションや情報交換、ネットワーク作りを目的に参加者が全員で何かを作り上げたり、何か新しい気付きが得られたりと、全員参加型の勉強会です。
開催日時:年6回 偶数月
場  所:聖隷クリストファー大学
鈴木達也
(リハビリテーション学部作業療法学科)
http://koureikiot.wix.com/koureiki-ot
作業療法臨床実践研究会 本勉強会は作業療法は作業の遂行に携わる職業というゆるぎないコンセプトをもとに、各種作業療法理論の臨床実践方法を探求するため、皆で共に考えます。本勉強会では主にクライエント中心の作業療法の実践について考えますが、CMOPやMOHOにも限界があり、完璧なものではないと捉えております。結局は、理論やテクニックはクライエントにどう有効に利用するかが重要と考えています。真の作業療法の実践について一緒に考えてみませんか?
開催日時:不定期
場  所:聖隷クリストファー大学
鈴木達也
(リハビリテーション学部作業療法学科)
http://otcp.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=7950
自動車運転勉強会 障がい者の自動車運転支援のあり方を研究しています。作業療法士を中心に医師やコメディカルスタッフ、自動車教習所教官が、運転支援についてのシステムや、 自動車運転リハビリテーションについてをテーマに開催している勉強会です。
開催日時:隔月
場  所:聖隷クリストファー大学、聖隷浜松病院
建木健
E-mail:
kenあっとid-labo.jp

飯尾円
(聖隷浜松病院)

※あっとを@に変えて送信してください。

ページの先頭へ戻る