聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

教育・研究詳細

[看護学部]安田智洋教授の記事がウェブサイトに掲載されました。

3)BIO Clinica 2020年 9月号(北隆館)

看護学部の安田智洋教授が執筆した論文が、下記の通り、掲載されました。

1)入院患者を対象に、立位と仰臥位で大腿部前面の筋厚を比較検討した研究
 (聖隷クリストファー大学と獨協医科大学の共同研究)
タイトル:Muscle Thickness of Anterior Mid-Thigh in Hospitalized Patients: Comparison of Supine and Standing Postures
著  者:Yasuda T, Toyoda S, Inoue T, Nakajima T
雑  誌:Archives of Rehabilitation Research and Clinical Translation (ScienceDirect社)

2)入院患者(心血管疾患)を対象に、サルコペニア、栄養失調、悪液質の指標として位相角に着目した研究
 (獨協医科大学と聖隷クリストファー大学の共同研究)
タイトル:Phase angle as an indicator of sarcopenia, malnutrition, and cachexia inpatients with cardiovascular disease.
著  者:Hirose S, Nakajima T, Nozawa N, Katayanagi S, Ishizaka H, Mizushima Y, Matsumoto K, Nishikawa K, Toyama Y, Takahashi R, Arakawa T, Yasuda T, Haruyama A, Yazawa H, Yamaguchi S, Toyoda S, Mizushima T, Fukuda H, Inoue T
雑  誌:Journal of Clinical Medicine(MDPI社)

3)サルコペニアに関し、安田教授が実施した近年の研究をまとめた論文
 (聖隷クリストファー大学)
タイトル:CLINICAL TOPICS サルコペニアを早期発見と重症化予防の視点から考える
著  者:安田智洋
雑  誌:BIO Clinica 2020年 9月号(北隆館)