聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

ゼミ紹介

ゼミ一覧

社会福祉学部では、3年次秋セメスターから4年次の終わりまで、「総合演習」という科目名で各教員によるゼミを開講しています。学生は学生生活のなかで学んできた知識や技能を基に、さまざまな研究テーマに取り組みます。

» 佐藤 順子 ゼミ

「だれもが安心して暮らせる福祉のまちづくり」を総合テーマに、ゼミ生が研究活動を行っています。住民主体の、あるいは住民自治の向上につながるような地域福祉の実現をめざし、ゼミ生一人ひとりが地域福祉について文献や映像、地域での実践などを通じて理解し、関心をもったトピックについて研究を進めていきます。

» 福田 俊子 ゼミ

3年次には静岡保護観察所へ赴き保護観察官の仕事の実際やそのやりがいを聞かせていただくなど、学生たちが進路の選択肢を広げられるよう工夫したプログラムを工夫するとともに、これまで自分たちが積み上げてきた学修を振り返る作業を続けてきました。

» 川向 雅弘 ゼミ

川向ゼミの特徴は、卒業研究のテーマを学生と共に考えていくことです。ただ、指導教員の専門が「障害者支援や高齢者支援を中心としたところの地域を基盤としたソーシャルワーク」であるため、学生の卒業研究のテーマもそれに近いものとなっていきます。

» 佐々木 正和 ゼミ

教員が専門としている精神保健福祉分野のこと以外にも、知的障がい、障がい者の自立支援運動等のことなどもテーマにしています。書籍や論文を読みながらグループで話し合い、時には、映画やドキュメンタリーを観て、ディスカッションをしています。

» 村上 武敏 ゼミ

「地域包括ケアシステム」や「地域共生社会」を共通したテーマとし、その政策的・実践的課題についてフィールドワークなどを通して全員で理解を深めるとともに、それぞれの進路を見据えて、子どもの貧困問題や高齢者の社会的孤立、あるいは、医療福祉や地域福祉の実践など、個々の課題を追究していきます。

» 古川 和稔 ゼミ

「自立支援介護」「在宅復帰」「認知症ケア」「家族介護支援」「福祉人材確保」といったキーワードをもとにゼミ生がテーマを決めて、研究に取り組んでいます。全国的に注目が高まっている先進施設の実践例などを参考に、これからの福祉実践のあり方についてゼミ生が協力して考えていきます。

» 野田 由佳里 ゼミ

「就職」「国家試験(社会福祉士・介護福祉士)合格」「卒業論文の作成」という3つの大きな目標を掲げ、ゼミ生が教員と共に日々精力的な研究を行っています。室内での研究や学習、討論だけでなく、さまざまな福祉現場におけるボランティア活動やフィールドワークなど、実践的に取り組んでいます。

» 落合 克能 ゼミ

2018年度は、教員自身が地域の実践者とともに研究活動をしている「虐待予防・不適切ケアの意識化」に関連するテーマで卒業論文に取り組んでいる学生が6人中3人おり、教員自身も大いに刺激を受けています。

» 秋山 恵美子 ゼミ

フィールドワークや大学ゼミならではの楽しい活動も大切にしながら、「介護福祉士&社会福祉士の国家試験合格」「就職内定」「卒業論文完成」の目標達成に向けて、計画的に取り組んでいます。フィールドワークでは、昨年夏、東京都新宿でゼミ合宿を実施し、国試対策集中学習と島田療育センターの見学に行きました。

» 太田 雅子 ゼミ

保育⼠・幼稚園教諭の2つの資格を取得した「保育教諭」として将来必要となるさまざまな能⼒を⾝につけるため、保育・幼児教育に関する現場の理解や教材等の研究をテーマに研究活動を⾏っています。

» 坂本 道子 ゼミ

「やりたいことの追求」を全体の研究テーマとして定めています。所属した学⽣が、⾃⾝の興味のある事柄を最初に「研究のテーマ」として設定し、最終的に「やりたいこと、興味のあることについて⼤学の卒業論⽂としてまとめ、発表する」ことを⽬標としています。

» 藤田 美枝子 ゼミ

「児童領域における虐待の予防」をテーマに活動を⾏っています。近年事件として表⾯化することが増えている⼦ども虐待。学⽣はゼミ活動のなかで、⼦どもが健全に育つための社会、環境づくりをするために必要となる知識や能⼒を学んでいきます。

» 鈴木 光男 ゼミ

「⼦どもとの造形・表現活動」をテーマとしています。保育・教育現場における事例の視聴・研究や実体験などを通じて、ゼミ⽣⼀⼈ひとりが⼦どもたちの「ものづくり」について考え、理解を深めていきます。

» 和久田 佳代 ゼミ

「健康」「運動」「スポーツ」「レクリエーション」をすべての人が享受できることをめざして活動しています。具体的には「子どもの運動遊び」「遊びの発達段階」「姿勢」「福祉レクリエーション」「福祉サービス利用者の生きがい・楽しみ」「障害者スポーツ」などをテーマに、各自が興味関心のあるテーマで学び合います。

» 二宮 貴之 ゼミ

「⾳楽を基軸とした⽂献調査やフィールドワーク等の実践」をテーマとしています。ゼミ⽣⼀⼈ひとりが、各⾃の興味・関⼼に合う⾳楽を分析し、具体的な曲⽬について調査したり、その曲が流れる演奏会へ参加したりするなど、積極的な活動を⾏っています。

» 細田 直哉 ゼミ

学⽣がゼミを通じて⼦どもたちと触れ合い、⼦どもの発達の様⼦を⾒ながら個々に合った環境づくりをする能⼒を⾝につけること、また⼦どもたちが成⻑していくなかで、⼦ども⼀⼈ひとりが主体性をもって活動していくことができるような環境づくりをする能⼒を⾝につけていくことを⽬的とします。

» 小川 千晴 ゼミ

子育てひろばでの実践や活動を積極的に行っています。大学の子育てひろば「たっくん」での定期的な活動をはじめとして、地域で開催されているさまざまな子育てひろばにも参加しています。地域の子育てひろばでは、3年次生と4年次生が協力して企画を考え、実際に活動しています。