講座・講演会

  • 【6/19】
  • リハビリテーション学部
  • 同日開催 オープンキャンパス

プログラム内容

申し込みを締め切りました。

リハビリテーション講座
日時:6月19日(土)10:00~12:00(受付/9:30~)
=====================================
リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の仕事内容や本学リハビリテーション学部の3学科で学べる内容についてご紹介します!
3つの専門職の違いやそれぞれの仕事のやりがいなどについて体験してみませんか?
=====================================

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、プログラムが変更または中止となる場合があります。

【ご案内】
・来学の際は、必ずマスクの着用をお願いします。
・当日は、受付にて健康チェックシートをご記入いただきます。
・発熱、せき、くしゃみなどの症状がある方、新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる方との濃厚接触の可能性がある方等は、来学をご遠慮くださいますようお願いします。

=====================================

内容:専門職・学部、学科紹介、模擬授業★、学生・教員へのQ&A、実習室見学★

★模擬授業と実習室見学は3学科すべての授業や実習室をご覧いただけます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
模擬授業の内容

【理学療法学科】
タイトル:「理学療法士は何をする人?」
内容:本講座を通じて、理学療法士の仕事を紹介したいと思いますが、事前にインターネットで理学療法士を検索していただけると、授業の理解が深まります。この授業が済んだ時には、理学療法士という職種が、どんな仕事なのかを理解していただけるように努めたいと思います。

【作業療法学科】
タイトル:「患者さんのやる気を引き出す作業療法」
内容:作業には人の心を動かす力があります。患者さんにとっての意味のある作業を見つけることで、やる気を引き出すのが作業療法士の仕事です。模擬授業の中では、「作業」とは何かを一緒に考えていきます。また、作業療法の役割を簡単にご説明するとともに、聖隷クリストファー大学作業療法学科の日常についてもご紹介していきます。皆さんにとっての大事な作業は何ですか?

【言語聴覚学科】
タイトル:「乳幼児期の知能水準は運動発達に関連するか?」
内容:近年では、周産期医療の進歩により難聴を併せ持つ知的障害児(重複児)が増加しています。先天性高度難聴児は、末梢平衡器官に障害を伴う頻度が高く、自立歩行が遅れる傾向が指摘されています。したがって、難聴による平衡機能障害が生じた場合、知的障害や運動発達遅滞との鑑別が重要です。この講座では、難聴に重複する障害特性を紹介し、知能水準と運動発達の関連性について講義します。皆さんは、身体障害を伴わなくても、知的障害によって自立歩行に遅れが生ずる事実に驚かれることでしょう。

シャトルバス(無料)・大学駐車場のご案内

浜松駅出発
(バスのりば:JR浜松駅北口を出て左方向。遠鉄百貨店本館南側) シャトルバスのりば(浜松駅)

お車でお越しの方は、第1駐車場をご利用ください。
(入出の際に黄色いボタンを押していただくとゲートがあがります) お車でお越しの方