聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

ニュース

ニュース詳細

2019年4月6日(土)に『看護師の特定行為研修』入講式を開催しました。
2018年8月に、本学は県内で初めて厚生労働省から、「看護師の特定行為研修指定研修機関」に指定され、2019年4月から研修を開講いたします。
聖隷浜松病院等から5名の受講生が入講し、看護師の仕事を続けながら、1年間の研修を受講します。
本学は本研修を開講することにより、地域に住む高齢者や病をもつ人々に寄り添い、そのニーズにより早く適切に医療を提供でき、チーム医療のキーパーソンとして活躍できる看護師を育成することで、地域の方々がより安全で安心な毎日を過ごせるように貢献したいと考えます。

*特定行為とは、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる38の行為です。(厚生労働省ホームページより)