聖隷の歴史

左から大橋徳三、鳥居恵一、桑原昇次郎。

1930(昭和5年)

同胞社の同志の合宿所であった「愛耕園」を改造し、腰椎カリエスを病んでいた教会の仲間鈴木喜代を迎え、世話をする。
桑原昇次郎という青年が父親と一緒に来訪。「この子の五尺のからだを天地の間にいれる所がない」という訴えに、収容を決心。
桑原青年、1933年夏、信仰と療養の生涯を終える。「自分のように、あなたの隣人を愛しなさい」という聖書の教えを実践し、無償で重症の結核患者を受け入れる契機となる。続いて、田中、大橋徳三らの患者を受け入れ、内山徳治看護に加わる。
ベテルホーム/内山タツ(中央)。

1931(昭和6年)

6月  愛耕園の地主より立ち退きを迫まられ、移転先を決めるも、病室の完成前に猛烈な反対運動が起き、再び立ち退きへ。
入野村大鱸にようやく病棟が完成し、患者たちの受け入れ開始。「主の家」と称する。
8月  主の家を「ベテルホーム」へと命名。
結核患者たちが次々とベテルホームを訪れ救済を懇願。収容看護を続けるも経済面では厳しい状況へ。
ベテルホームの診療奉仕を続けておられた渡邉兼四郎先生から新築病棟と既設病棟の増設の寄贈をいただく。渡邊兼四郎先生と同じく、園田繁草先生(咽喉耳鼻結核)や、梅林かなへ先生(婦人科疾患)も無料往診で側面から支援。
上:「イエスの友会」全国大会、
中:平山中尉記念館(病棟)にて。左から2人目 内山徳治、4人目平山の母、5人目平山清、右から2人目 長谷川保。
下:聖隷保養農園。後列左より内山徳治、大野篁二、長谷川保、雨宮猪藤、袴田新太郎。前列左より2人目 鳥居恵一、4人目鈴木利三郎、5人目松本美実牧師。

1934(昭和9年)

7月  賀川豊彦主宰の「イエスの友会」全国大会において、長谷川保ベテルホームの窮状を訴え、新しい土地獲得のための「一坪献金運動」が決議され、全国より2,650円の献金が集まる。

1936(昭和11年)

一坪献金運動の献金を資金に、浜名郡三方原村に2万1000坪(約7ha)の県有林の払い下げを受ける。
同じく病棟建設資金として、ベテルホームの活動に心動かされた「平山中尉記念館(病棟)」の寄贈や、入院患者の兄姉妹、信徒の家族たちより善意の寄付を数多く受ける。
6月  長谷川保「天皇陛下も人間です」により不敬罪で逮捕される。
長谷川保は憲兵隊に「上申書」を提出。

1937(昭和12年)

4月  ベテルホームの三方原への移転に伴い「聖隷保養農園」と改称。同時に鈴木利三郎たちにより3haの農場の開墾に着手。
聖隷社クリーニング店で働いた鈴木唯男がベテルホームに移る。
8月  長谷川保臨時応召を受け、北支戦線に出征。
翌年4月病気により帰還する。

1937(昭和12年)

5月  婦人雑誌「主婦之友」6月号にベテルホームと農園の詳細が掲載され、「聖隷保養農園」が結核患者の療養施設とわかり、周辺住民の反対運動が湧き起こる。
一方、記事により全国から重症の結核患者が殺到する。