聖隷を創った人々

聖隷創設の精神は、キリスト教の精神であり、隣人愛の精神です。
この精神の実践者として多くの人たちがここ聖隷に集まり、有形無形の奉仕を行いました。
その中から、経済的に豊かでなかった創業時から激動期にかけて、
聖隷を支えた人たちについてご紹介します。

長谷川 保

聖隷グループの創始者の一人。聖隷福祉事業団(元聖隷保養園)の理事長、会長、聖隷学園の理事長、学園長を歴任。生涯を通じて無私・無欲を貫き、現在の聖隷の姿「福祉」「医療」「教育」の骨格づくりと方向づけを行いました。
鳥居 恵一

長谷川保とともに聖隷の初期を支えた創始者メンバー。特に、静岡県初の協同組合「消費組合浜松同胞社」は鳥居が中心となって運営されました。
渡邊 兼四郎・草夫妻

ベテルホーム時代から真実の無償無私で結核患者を診療・援助していただいた医師夫妻。後に、聖隷保養農園附属内科医院の院長、財団法人聖隷保養農園理事長と、長く深く聖隷と関わられました。
大野 篁二

「聖隷社」結成時のメンバー。長谷川保とは別の道、農村伝道に取り組み「聖隷社農場」を開設。浜松農民運動の指導者として活躍し、戦後は農地改革を推進しました。
山形 春人

聖隷社の一番目の事業「聖隷社クリーニング店」を実質的に運営した人。
戦後は、海外から引き揚げてきた母子家庭のための「弁天島同胞寮」の寮長として東奔西走。過労が原因で志半ばの42歳で召天しました。
園田 繁草

渡邊兼四郎先生と同じく、医療費が払えない「ベテルホーム」を支援していただいた耳鼻咽喉科の医師。聖隷の仲間と関係の深い浜松伝道所の松本美実牧師は義理の弟です。
賀川 豊彦

日本を代表する聖職者であり、労働運動、農民運動のリーダー。一坪献金運動をはじめ、あらゆる聖隷の活動に精神的・金銭的バックボーンとなって支えていただきました。
鈴木 唯男

「聖隷社クリーニング店」の時代から長谷川保の傍らでともに聖隷の歴史を歩み、聖隷保養農園では結核療養生活の指導者として聖隷の看護に大きな指針を創り出しました。
戦後は聖隷厚生園園長として活躍し、優れた聖隷の後輩を送り出しました。2004年から2016年に召天するまで、聖隷歴史資料館の館長を務めました。