MENU

リハビリテーション科学研究科

リハビリテーション教育学コース(2020年4月開設)

リハビリテーション科学研究科博士前期課程では、2020年4月に「リハビリテーション教育学コース」を開設します。本コースでは、理学療法学・作業療法学・言語聴覚学分野の養成施設や臨床施設で活躍する方々に「教育学の教授」を通じた教育人材育成や、「リハビリテーション教育学」の体系化をめざした研究活動等を行います。

開設の目的

1.理学療法学・作業療法学・言語聴覚学分野で教育学的視点をもった人材を育成する
2.養成校施設や臨床施設で活躍する人材への教育学の提供(修士号授与)
3.『高度人材養成のための社会人の学びなおし大学院プログラム』(文部科学省制定)の構築の推進
4.リハビリテーション教育学の開発研究

コース概要

■ 開設コース:理学療法教育学コース・作業療法教育学コース・言語聴覚教育学コース
■ 開設時期:2020年4月
■ 修業年限:2年
■ 募集人員:5名
■ 取得学位:修士(リハビリテーション科学)

求める学生像

1.理学療法、作業療法、言語聴覚療法に関する養成施設教員をめざす人
2.すでに養成施設教員として働いている人で修士号の取得をめざす人
3.リハビリテーション教育学を学ぶ意欲のある人
4.関連する医療福祉職の免許(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)を保有する人。免許取得後、3年以上の業務経験を有する人の進学を推奨する。

履修モデル

理学療法教育学コース 作業療法教育学コース 言語聴覚教育学コース
・教育方法学特論(2単位)
・マネジメント論(2単位)
・教育工学特論(2単位)
・インストラクショナルデザイン特論(2単位)
・リハビリテーション教育演習(2単位)
・理学療法科学特論Ⅰ(2単位)
・理学療法科学特論Ⅱ(2単位)
・理学療法科学特論演習(2単位)
・理学療法教育学課題研究(8単位)
・選択科目(6単位)
・教育方法学特論(2単位)
・マネジメント論(2単位)
・教育工学特論(2単位)
・インストラクショナルデザイン特論(2単位)
・リハビリテーション教育演習(2単位)
・作業療法科学特論Ⅰ(2単位)
・作業療法科学特論Ⅱ(2単位)
・作業療法科学特論演習(2単位)
・作業療法教育学課題研究(8単位)
・選択科目(6単位)
・教育方法学特論(2単位)
・マネジメント論(2単位)
・教育工学特論(2単位)
・インストラクショナルデザイン特論(2単位)
・リハビリテーション教育演習(2単位)
・言語聴覚障害学特論Ⅰ(2単位)
・言語聴覚障害学特論Ⅱ(2単位)
・言語聴覚障害学特論演習(2単位)
・言語聴覚教育学課題研究(8単位)
・選択科目(6単位)

リハビリテーション教育学コースの開設により、2020年度より、入学定員を10名から15名に、収容定員を20名から30名に変更します。

2020年度
入学定員
2019年度 ⇒ 2020年度
10名 ⇒ 15名
収容定員
2019年度 ⇒ 2020年度
20名 ⇒ 30名