MENU

大学院について

学長メッセージ

高度専門職業人の育成を目指す

本学大学院は、建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」に基づき、高度かつ専門的な学識と研究能力および人間性を備えた、広く人々のニーズに応えうる、そして世界に通用する高度専門職業人の育成を目指しています。
大学院では、知の探究を通して、それぞれの学問分野の新たな知を創造し、各学問分野の発展に寄与することが期待されます。博士前期課程では、広い視野に立った精深な学識と研究手法を修得し、卓越した教育・研究・臨床の高度専門職業人を育成します。また博士後期課程では、優れた高いレベルの専門性の修得を基に自立して研究活動を行い得る優れた専門性を備え、それぞれの分野の発展を担う指導者を育成します。大学院での学びを通して、高度かつ専門的な理論を修得し、深奥な学識と研究能力を養い、人々の健康・安寧と福祉に貢献するとともに、保健医療福祉のイノベーションをリードすることを願っています。

学長
聖隷クリストファー大学 学長
大城 昌平

研究科概要

聖隷クリストファー大学大学院の目的

聖隷クリストファー大学大学院(以下「本大学院」という)は、建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」に基づき、看護学、リハビリテーション科学、社会福祉学の、高度かつ専門的な理論および応用を教授研究し、深奥な学識と研究能力を養い、保健医療福祉に関わる専門教育の向上・発展に寄与するとともに人々の健康・安寧と福祉に貢献することを目的とする。

(大学院学則第1条)

博士前期課程の目的
本大学院博士前期課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、看護学、リハビリテーション科学、社会福祉学の分野における研究能力、または高度の専門性を要する看護、リハビリテーション、福祉の実務ならびに教育に携わる者等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。

(大学院学則第5条第1項)

博士後期課程の目的
本大学院博士後期課程は、幅広い視野で人間と社会を捉え、看護、リハビリテーション、社会福祉の各専門分野およびそれらの連携・協働について深く追求し、自立して研究活動を行い得る優れた専門性と人間性を備えた、広く世界に通用する高度専門職業人を育成することを目的とする。

(大学院学則第5条第2項)

研究科概要

ポリシー

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
  • 1.「生命の尊厳と隣人愛」の精神を基盤とする倫理観を身に付け、研究・実践及び自らの行動に反映することができる
  • 2.高度な専門知識・能力を習得し、探求心と論理的思考力を身に付け、問題解決を図ることができる
  • 3.自らの研究分野以外の幅広い視野を持ち、俯瞰的なものの見方と専門応用力を駆使して、新たな知を創ることができる
  • 4.研究課題を自ら発見し、先行研究のレビューを行い、独創的な研究テーマを設定して、研究計画を立案することができる
  • 5.研究計画に沿ってデータ収集を行い、結果のまとめ・データ分析・考察を適切に行い、論文としてまとめ発表することができる
  • 6.他の専門職者や研究者との連携・協働を通してリーダーシップを発揮し、人々の健康、福祉、安寧に貢献することができる
  • 7.学術的かつ国際的な視野をもち、グローバルな活躍をめざし、海外の専門家や学生と交流ができる
カリキュラムの編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

上記の教育理念・目的及びDP、並びに教育目標を達成するため、次のように科目を配置します。

1)博士前期課程

  • (1)建学の精神に基づいた高い倫理観と関連諸学の幅広い知識を修得するための科目を置く(共通科目)。
  • (2)各専門分野の基盤となる主要な概念と理論及び研究方法等について体系的に修得するための科目を置く(基盤科目)。
  • (3)各専門分野の最新の研究動向と知見を修得した上で、研究課題に取り組み、質の高い研究論文を完成させるための科目を置く(専門科目)。
  • (4)高度実践看護コースにおいては、高度看護実践に必要な高い専門知識と高度看護実践能力を修得するための資格認定に必要な科目を置く(基盤科目・専門科目)。

2)博士後期課程

  • (1)多職種と連携する資質を磨き、実務者として高度な知識と指導力を身につけるための科目を置く(共通科目)。
  • (2)専門性を深化させ独創的研究を行い、質の高い研究を完成させることを通して新たな知を創造するための科目を置く(専門科目)。
入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
  • 1.各専門職の実践に必要な基本的倫理、知識、技能を備え、研究心を持っていること
  • 2.臨床実践や教育実践における課題に気づき、その意味を判断し、口頭及び文書で論理的に表現することができること
  • 3.それぞれの実践の中で生じた課題の解決に意欲を持っていること
  • 4.自律的に活動し、主体性を持って多様な人々と協働して学ぼうとすること

大学院学則

学位論文要旨等の公表

学位規則(昭和28年文部省令第9号)第8条及び聖隷クリストファー大学学位規程第9条の規定に基づき、本学において授与した博士の学位について博士論文の要旨及び論文審査結果の要旨を公表します。
博士論文の要旨及び論文審査結果についてはこちらをクリックしてください。