6月30日(土)開催『将来の日本を担う子供たちへの教育』~グローバル社会で活躍できる、聖隷での新しい日本人の育成~

下記日程にてセミナーを開催します。

日程:6月30日(土)14:00~16:10
会場:アクトシティ浜松 研修交流センター 62研修交流室
対象:幼稚園・保育園・こども園の保護者の方(託児あり)、教育関係者、高校生、中学生、関心のある方

急速にグローバル化が進むなか、将来子供たちがグローバル社会で活躍するためにはどのような教育が
必要なのでしょうか。世界に目を向けた教育、これからの日本の教育のあり方について考えます。

 

 

 

 

 

詳しいご案内はこちらから

■第一部 講演・実演(14:00-14:40)
講師:  井上春樹(聖隷学園小学校設置プロジェクト顧問、元ぐんま国際アカデミー副校長)
テーマ: 「分からない言語で学んでも、内容を理解し、その言語も習得するイマージョン教育
~なぜ、わからない言語で学んでもわかるようになるのか~」
内容:  イマージョン教育と同時に、国際基準である「子ども自ら問題を見いだし解決していく教科の枠を超えた
オープン教育・国際バカロレア教育」のプログラムの一端もご覧いただきます。

■第二部 英語イマージョン校の生徒による討論会・スピーチ(14:45-15:15)
内容➀  「英語で語り合う討論会」-議題は会場からー
内容➁  「今、思うこと」英語と日本語の両方でスピーチします。

■第三部 講演(15:20-16:00)
講師:  星野あゆみ(玉川大学大学院教育学研究科教授・国際バカロレアアジア太平洋地域日本担当地域開発マネージャー)
テーマ: 「世界に目を向けた教育を~これからの日本で求められるグローバル教育~」
内容:  これまでの教師主体の一斉授業ではなく、見つけたことを言いたくてたまらないような、
ワクワク感満載の子供主体の学習は、子供をどう育てるのでしょうか。

お申込みはこちらからお願いいたします。※託児をご希望する方は申込フォームにてご記入ください。

その他、ご不明な点は下記連絡先にお問い合わせください。

問い合わせ先:聖隷学園小学校設置プロジェクト