聖隷クリストファー大学介護福祉専門学校(2016年4月開設)について

聖隷学園では、2016年4月に、介護福祉士養成のための
『聖隷クリストファー大学介護福祉専門学校』の開設しました。

 超高齢社会において、介護の質を向上させ「豊かな高齢期」を実現するためには、介護職員のリーダーの養成とともに、職員数の量的な確保が必要とされています。こうした社会的ニーズに応え、2年間で介護福祉士を養成して世の中に送り出していきます。

 本校では、介護福祉の知識と技術、価値、倫理を総合しながら体系的に学びます。そして聖隷の介護福祉の歴史を受け継ぎ、隣人愛の精神をもった人材を育成します。また大学と同じキャンパス内に開設することで、大学の充実した施設設備を共有することはもちろん、知識と経験豊かな大学・大学院の教員が授業を担当し、大学学部への編入学も可能となります。聖隷クリストファー大学社会福祉学部と一体になって教育活動を行い、介護福祉士の養成に取り組み、地域福祉に貢献していきたいと思っております。

設置する専門学校の概要

◆目指す専門学校の姿
介護福祉の知識・技術・価値・理念と、隣人愛の精神が統合された人間教育を行い、
自分のことのように他者を考え「愛の実践」ができる介護福祉士を養成します。

◆定員
総定員80名(1学年40名、修業年限2年)

◆特徴
1)大学レベルの教育
・大学と同じキャンパス内に開校し、大学の充実した学習環境を共用。
専門学校の教員と共に大学・大学院の教員による授業。
2)多様な進路
さらに学びを深めたい学生には、大学編入、その後の大学院への進学と将来の学びが開かれています。
3)充実した経済的サポート
静岡県内の介護福祉専門学校の中で最も安い学費を設定予定。
多くの生徒が介護福祉士を目指すことができる奨学金制度。(最大で授業料全額を支援)
4)豊富な就職先
聖隷学園で学んだ卒業生が、聖隷グループをはじめとした福祉施設において介護実践に携わっていることから、
将来像を描き、安心して就職を目指すことができます。 

専門学校HPはこちらからご覧ください。