Our Silk Road #2

全くの偶然から始まった、わたしたち大人の探究。

お預かりしたカイコちゃんは、その後ついに桑の葉を食べなくなりました。もう成長するには十分に食べた、ということのようです。そうなった子は、トイレットペーパーの芯の中などに移して、しばらくすると…

 

見事! 自ら吐いた糸で繭玉を作り始めました!

そして、さらに待つこと2週間弱…ついに、羽化! なんと愛くるしい姿でしょう。

さて、おかげで Silk(絹)というものがどうやって出来るのか、ようやく本当に理解しました。
今までそれなりの期間生きてきたつもりでしたが、わたしたちは案外わからないことだらけの世界に生きているものですね。
だって、目の前に当たり前にある Silk(絹)が、どうやって出来ているかも知らなかったわけですから。

そして、このカイコのおかげでたくさんの素敵な出会いがありました。これもまた嬉しい出来事でした。

これで校長の毎朝の

「Silkwarm はどうなったの?」

の声を聞くことができないのはちょっと寂しい気もしますが、これで私たちの探究もひとまず終わり…かな?

 

(#3 へ続く。)