JIRITSU/Science:Grade 4

4年生では学習内容を Math / English に絞った「English JIRITSU」に取り組み始めました。

これは1週間のうちに、ある学習を分散して実施するモジュール学習です。

担任の先生は、連絡ツールでこの時間について次のように説明しています。

*********************************************************

[English Jiritsu Monitoring Sheet]
This week, I have introduced a monitoring sheet for students

to keep track of their work and make use of their time during Jiritsu.

Students have to complete a number of minimum tasks each week

(activities with a star), and I will be checking their progress.

*********************************************************

 

JIRITSUの取り組みでは、近年「Differentiation」という言葉で強調されている、

子どもたち一人ひとりの個性(学び方)を尊重した学習を目指しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続いて、SIP(Seirei Inquiry Program:本校独自の探究学習)の様子です。

この時の大きなテーマは、全校共通で「Who we are 私たちは誰なのか」

4年生はこれに関連して「How our body works」について学びました。

 

この日は、科学的な概念を実際に体験するために、

鶏の手羽先を解剖して、筋肉と骨がどのようにつながっているのかを調べました。

手羽先の皮や脂肪を取り除いて、手羽先にあるさまざまな筋肉をじっくり観察したり、

腱を切って、骨の構造や、筋肉と骨をつないだり保護したりする組織

(腱、軟骨、靭帯)を観察したりしました。

 

その後、子どもたちは図書館やiPadを使って、

骨や筋肉の構造が人間と似ている動物を調べ、ポスターにまとめました。

 

また、担任の先生からは連絡ツールを通じて、ご家庭にこんな提案も。

 

*********************************************************

Here is a Jiritsu@home suggestion to further enhance their learning:

 

Science Jiritsu@Home
– Ask your child to help you with cooking. Let them observe you, or even better,

have them involved in cutting (removing bones from fish, different parts of chicken, etc.),

in order to see the bone/muscle composition.

Please post pictures in their Class Dojo portfolio if your child decides to attempt the task.

*********************************************************

 

次の写真は、自宅で先生の提案に取り組んでくれた子からの報告です。

保護者の方のサポートを得ることで、学校での学びをさらに広げることができました。