本の探究Flying Thoughts – ネイディン・デア 先生& アンソニー・ウォン先生-

 

First we started with a simple perspective activity. Everyone held up their pointer fingers and lifted them in the air. They began moving their fingers in a clockwise circle while slowly lowering their hands. People were very surprised that by the time they were looking down at their finger, it was moving counterclockwise. This is because their perspective had changed from looking up to looking down. In the same way, students in the classroom receive the same information, but their different perspectives can radically change their understanding.

まず、わたしたちは「観点」についての活動からミニセッションを始めました。全員が空に向けて人差し指を立てます。そして、ゆっくりと手を下げながら、時計回りに指を動かし始めたのです。すると、参加者の皆さんは指を回しながら下げて行った時、その回転が反時計回りになってしまうことに気付き、大変驚きました。これは、見ている人の視点が「見上げる」から「見下ろす」視点に変わったためです。同じように、たとえ教室の児童が同じ情報を受け取ったとしても、一人ひとりの異なる視点によって理解を根本的に変えることができるのです。

Next, we read a well-known book, Swimmy, together in both English and Japanese. Then, we handed each parent a copy of the Book Butterfly. Everyone filled out their own Book Butterflies individually, and wrote abbreviated versions of each response on sticky notes to put on a larger communal Book Butterfly. It soon became apparent that we each had different answers according to our own perspectives.

次に、日本でよく知られている「スイミー」を英語と日本語の両方で読みました。 それから、私たちはそれぞれの保護者の方に「ブックバタフライ(本の蝶)」のコピーを渡しました。ブックバタフライとは、本の感想などをさまざまな観点から記すためのフレームです。 これを用いて、それぞれが自分のブックバタフライに感想等を記入しました。その上で、より大きな共有のブックバタフライを作るために、付箋に各観点に対する答えの短縮版を書いて貼り付けました。すると、私たちはそれぞれ自分の見方によって異なる答えを持っていることが、すぐに明らかになりました。

We then went over the answers together. Each parent read all of the answers for each section with a short discussion in-between. Three people had written the plot and we noted that they were three different plots, yet we agreed that none of the answers were wrong. Each plot focused on a different part of the story, but they were all correct answers. This pattern continued throughout each section: plot, setting, main idea, problem, solution, even the characters were different. Some people counted minor characters and some didn’t. 

その後、私たちは一緒に答えを調べました。 それぞれの保護者の方は各観点のすべての回答を読み、合間に短く議論をしました。 3人の人があらすじを書いており、私たちはそれが3つの異なるあらすじであることに気付きましたが、同時にそのどれもが間違っていないことに同意しました。 各あらすじはストーリーの異なる部分に焦点を合わせていましたが、それらはすべて正解でした。 このようなやり取りは、各セクション:①あらすじ、②場面設定、③主題、④問題、⑤解決策、⑥登場人物」を通して続きました。マイナーな登場人物を数えた人も、そうでなかった人もいました。

It was enlightening for everyone involved, that our perspectives color so much of our perceptions. After the activity, one parent mentioned that they all studied Swimmy in school, but they had never studied it in such a manner. 

私たちの視点がその認識の多くを色付けすることは、参加した全員にとって啓発的でした。 活動の後、ある保護者の方は、「みんな学校でスイミーを勉強しましたが、こういう方法で学んだことはありませんでした」と仰っていました。

At SCES, we will remember the student’s differing perspectives while we teach them to broaden the learning of everyone in the class.

SCESでは、児童がさまざまな視点を持っていることを念頭に置きながら、クラスの全員の学びを広げるように導きます。

 


 

ご覧いただきありがとうございました!