10/31(土)教育講演会・学校説明会を実施しました。

10月31日(土)えんてつホールにて聖隷クリストファー小学校主催教育講演会・学校説明会を開催しました。

第1部の講演会では、慶應義塾大学環境情報学部教授の今井むつみ先生をお招きし、
「ことばの力と思考力」と題して、こどもが言葉を覚えるしくみや
外国語学習者が直面する問題などのご紹介がありました。

また、英語を母語とする5歳くらいの子ども以上の英語力を身につけるには、
学習者が「自ら学ぶ力」を身につけ、自分で英語の語彙や文法の仕組み(スキーマ)を
探していくことができるかどうかが重要であるとのお話もありました。

第2部の学校説明会では3名の本校在校生保護者と校長が登壇し、
副校長の進行によるパネルディスカッションを実施しました。

在校生の保護者には、「英語での授業についていける?」「従来の学びと探究型の学びってどう違う?」
「実際に入学してみたら・・・」など事前に参加者から募った質問にお答えいただきました。

親目線からのそれぞれのお子さんの変化やご自身の学びなど、
まさに聖隷クリストファー小学校の教育を体験している保護者の“生の声”を聞いていただきました。

また、パネルディスカッションの後は、会場を複数のグループに分け、
参加者、教員、保護者が自由に懇談する分科会を実施し、
参加者の方との相互交流の場となり、充実したひとときとなりました。

講演会・学校説明会は、マスク着用、手指消毒の徹底、
参加者の席を一定間隔あけて設置するなどの新型コロナウイルス対策をし実施しました。