教員紹介 — アリスター K. ボナル(Alistair K. Bonar)先生—

私は、長く興味深い歴史を持つスコットランドのセント・アンドリューズという町で育ちました。

小さい頃から関心のあった人文地理学をエディンバラ大学で学びましたが、卒業後に日本で英語教育に携わったことをきっかけに、「教育」にも強い意欲を感じるようになりました。
そのためスコットランドに戻り、アバディーン大学で教育学を学びながら教員免許を取得しました。
その後、スコットランドで教員として働いた後、再び日本に戻り、浜松で英語教育に携わりながら、浜松の文化や歴史を楽しく学んでいます。
今、浜松を自分の「故郷」と言えること、そしてその第二の故郷で教員として働けることを嬉しく思います。

スコットランドでは、1人1人の子どもたちが、それぞれのニーズに合わせた、教育における公平と公正が、長い伝統として受け継がれています。
近年では、スコットランド人としてのアイデンティティを確実に育む一方で、他の文化に対する理解と敬意を示すグローバル市民を目指した教育が行われています。
この考え方や価値観をSCESの子どもたちに還元し、彼らが将来、自信と思いやりをもった、教養ある貢献者として、活躍する人になれるよう尽力したいと思います。

 

I grew up in the town of St. Andrews which has a long and interesting history.

I have always been interested in human geography, which I studied at the University of Edinburgh. After coming to Japan to teach English, I discovered my passion for teaching.
I returned to Scotland to study education at the University of Aberdeen and gain my teaching licence.
I then taught in a Scottish elementary school before returning to teach in Japan. Over the years that I have lived in Hamamatsu, I have enjoyed learning about the city’s local culture and history.
I’m now delighted to call Hamamatsu “home” and to be able to contribute to the city as a teacher.

In Scotland, we have a long tradition of equality and equity in education to ensure that each child is nurtured according to their individual needs.
In recent years, Scottish education has sought to help children become global citizens who are knowledgeable and respectful of other cultures while building a strong sense of Scottish identity.
I am excited to share these values with our students at SCES and help them become confident, thoughtful, and well-informed contributors to our shared future.