教員紹介 — モーテンJ.ヴァテン(Morten J. Vatn)先生—

 

11歳の頃、ノルウェーの人類学者、トール・ ヘイエルダールの『コンチキ号』を初めて読み、冒険家になりたいと思った時の記憶が今でも鮮明に蘇ってきます。

コンチキ号の話は、太平洋を渡ってポリネシアの島々にたどり着く、大胆なノルウェー人冒険家の物語です。
その話を読んだとき、たくさんの疑問が湧いてきました。何故?どういう手段で?どこへ?もし…したら?・・・というように。

ノルウェーには、未知のことを探究していく長い伝統があります。
物事を不思議に思う心や推測する力、そして探究心を駆り立てる疑問が、バイキングをアメリカへ導きました。
そしてその1000年後、日本の音楽文化と国際教育に対する私の探究心が、私を日本へ導きました。

「探究」と「好奇心」は、自立心の向上や目標を立てる力、知的な挑戦を楽しむ姿勢、そして(固定観念にとらわれず)新しいアイデアを柔軟に受け入れていく姿勢を飛躍させます。
これらすべてが私を浜松へ、そしてSCESへと導いてくれました。

子どもたち自身が、自らの探究心を駆り立てる疑問を見つけ、目的をもって探究していく環境をどのように構築したらいいのか、私自身も探究しながら貢献していきたいと思います。
将来、子どもたちが新しい発見を求めて、海を越えて活躍していけるように。

 

At age 11, when I first read Thor Heyerdahl’s book Kon-Tiki, I wanted to become an explorer.

From this story of bold Norwegian adventurers’ journey by raft across the Pacific Ocean from South America to the Polynesian islands, I developed many questions. Why? How? Where? What if?

In Norway we have a long tradition for inquiring into the unknown. Speculations, wondering and good questioning brought the Vikings to America.

1000 years later, my questioning brought me to Japan trying to understand musical traditions and international education.

An emphasis on exploration and curiosity can result in significant development: of independence, goal setting on one’s own, enjoyment of intellectual challenges, and openness to new ideas.

All of this brought me to Hamamatsu and SCES.

Here I want to both contribute to and learn how to create environments that invite students to pose good questions and conduct purposeful investigations – taking them across oceans to new discoveries.