探究とカリキュラム: Exploring the Arctic – アリスター・ボナル先生&杉浦萌子先生 –

 

We discussed opportunities to cover the content of the curriculum through inquiry based learning. During the discussion, we shared our idea of using the North Pole as a context to stimulate children’s curiosity. Parents thought about their own children, and shared their ideas about how their children might think and respond. The discussion was conducted in a natural way using both English and Japanese.

私たちは、「探究の学び」が、カリキュラムの内容をどのようにカバーするかについて議論しました。話し合いの中で、参加者と私たちは子供たちの好奇心を刺激するもの(文脈)として北極を使用するという一つの考えを共有しました。保護者の方は自分の子供を思い浮かべ、子供がどのように考え、反応するかについて想像しました。ディスカッションは、英語と日本語の両方を使用して自然な形で進んでいきました。

To begin, we showed a picture of Santa Claus. We asked “How do you think your children feel about Santa Claus?” Parents said that their children would feel excited and think about getting presents. When we asked “Where does Santa live?” we got lots of answers: Finland, Greenland and The North Pole etc. We then asked if children would like to go and see where Santa lives, which moved the discussion on to the arctic.

最初に、サンタクロースの写真を見せました。 「あなたの子供はサンタクロースについてどう思いますか?」という質問に対して、ある方は子供たちが興奮してプレゼントをもらうシーンを想像すると言いました。 「サンタさんはどこに住んでいると思いますか」と尋ねると、「フィンランド、グリーンランド、北極」など、たくさんの答えが出てきました。その後、子どもたちはサンタさんの住んでいる場所を見に行きたいと思うかどうか尋ねました。

We showed an illustrated map of the North Pole that had many interesting things to look at such as animals, people, buildings and plants. We asked parents what their children might already know or be curious about. For example, first grade students might think about reindeer, third graders about ice and fifth graders about in North Pole as a whole. We heard lots of good questions. For example, “Don’t reindeer feel cold?”, “Do any birds migrate between Japan and the North Pole?” and “Is the North Pole melting?”

そして、動物・人・建物・植物など、多くの興味深いものが載っている北極の図解地図を見せました。子どもたちがすでに知っていることや興味を持っていることはどんなことかを尋ねました。たとえば、1年生はトナカイ、3年生は氷、5年生は北極全体について考えます。たくさんの良い質問が出ました。たとえば、「トナカイは寒くありませんか?」、「日本と北極の間を行き来する渡り鳥はいますか?」、「北極の氷は溶けないのですか?」などなど。

Our discussion then moved to thinking about the subject areas of the curriculum and brainstorming ideas based on what was talked about and the North Pole context. Lots of interesting possibilities for inquiry were shared by parents and teachers together. Some examples: science lessons looking at ice melting, music lessons based on the rhythm of reindeer hooves or the traditional music of the Inuit. We also discussed a maths lessons exploring the weight of sleighs which could link to a PE lesson comparing the weight that children can pull compared to what a reindeer can pull. Through inquiry-based learning activities such as these, the content of each subject is connected and the structure of the curriculum can be followed.

次に、話し合ったことと北極点に関して、カリキュラムの学習領域とどう関係するのかを考え、ブレインストーミングすることに移りました。参加した方たちは、探究の学びに対する多くの興味深い可能性を共有できました。氷の融解は理科の授業、トナカイの蹄のリズムから音楽の授業、イヌイットの伝統的な音楽も正に音楽の授業です。また、子どもたちが引くことができる重量とトナカイが引くことができる重量を比較するのは算数の授業、実際にそりを引けば体育の授業にもつながります。これらの学習活動の中で、探究の学びによって各科目の内容が結び付けられ、さらには学習カリキュラムへと構成され得るのです。

As a final point, we discussed what actions children might take as a result of learning. Environmental concerns might lead to children making changes to their daily lives, or they may have new questions and want to continue learning in another direction. Inquiry-based learning is a route to a world of deeper and wider learning.

最後に、私たちは今回のような学習の結果として、子どもたちが取り得る行動について議論しました。例えば、環境問題の学びは子どもたちが日常生活を変えることにつながる可能性もあります。そこからまた新しい問いが生まれ、別の方向に向かって学習活動が続いていくかもしれないという発言もありました。探究の学びは、深く広い学びの世界へと続く道です。

 


 

ご覧いただきありがとうございました!

さらにモーテン・ヴァテン先生による「IB(国際バカロレア)と探究」を合わせてお読み頂くと、探究的な学びについてより深い理解になると思います。ぜひご覧ください。