プログラミング教育ってなあに? – 首藤貴子先生 –

 

2020年4月から小学校で必須となるプログラミング教育についてのガイダンスと「アンプラグド・プログラミング」授業の体験をしました。

1.来年からプログラミング教育が必修化!

 「プログラミング教育」という言葉の響きから、プログラマを目指す教育なの?と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。それに、「国語」「算数」のように「プログラミング」という教科ができるわけでもありません。

 「プログラミング教育」は、Society5.0と呼ばれるこれからの社会を生きる子供たちに求められる力を、学校教育全体の中で育成していこうというものです。

 

2.プログラミング教育でどんな力を子どもに身に付けるか?

 それでは、どんな力を身に付けるかというと、とてもざっくり言えば、「私たちの生活をコンピュータが支えていること」「コンピュータを利用する方法が分かっていること」「コンピュータの便利さを利用しよう!と思えていること」です。

 そのための力を小学校から付けていこうというのがねらいです。

 「食育」が、私たちの体について知り健康を維持して幸せにいきていくための教育であったのに対して、「プログラミング教育」は、私たちの生活の便利さがどのように作られているかを知り、よりよ い人生や社会づくりに生かしながら幸せに生きていくための教育と言い換えられると思います。

 

3.アンプラグド・プログラミングを体験してみよう!

プログラミング教育には、実はパソコンやタブレットを使わないで行う授業もあります。それが「アンプラグド・プログラミング」です。

体験授業では、ワークシートを使って生活の中にすでにあるコンピュータを探してみたり、自分でコンピュータを考えてみたりする活動を行いました。

気が付かなかったけれど、すでに身近になっているコンピュータに気付くきっかけになっていただけたら嬉しいです。親子で参加して下さった方もいらして、和気あいあいととても楽しい時間でした。

 


 

ご覧いただきありがとうございました!