SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ - SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ -

日本キリスト教社会福祉学会第30回大会および日本キリスト教社会事業同盟第75回総会・研修会が開催されました。

ニュース

2019.07.10

記念講演

シンポジウム

パネルディスカッション

分科会

6月28日(金)・29日(土)、本学を会場に、日本キリスト教社会福祉学会第30回大会および日本キリスト教社会事業同盟第75回総会・研修会が合同開催され、全国から大学教員やキリスト教主義の施設職員等、160名の方が参加されました。
大会テーマ「神と隣人に仕える-地域共生社会形成におけるキリスト教社会福祉の役割-」に基づき、2日間にわたり、多様なプログラムが行われました。

1日目に行われた記念講演では、聖隷学園長谷川了理事長が「新たな課題に立ち向かう『聖隷』創業者たちの働き」と題して講演を行い、シンポジウムでは、大会テーマについて、3人のシンポジストが意見を述べました。
2日目に行われたパネルディスカッションでは、「キリスト教を基盤とした共生社会の実現に向けて-教会・教育機関・社会福祉現場の協働-」をテーマとして、聖隷学園専務理事、および本学園とつながりの深い教会・施設の方がパネリストとなり、協働に向けての考えを述べられました。また、このほか、いくつかの会場に分かれての分科会も開かれました。

大会運営には、社会福祉学部の学生有志も加わり、事前準備をはじめ、当日のタイムキーパー、マイク渡し、誘導等を行い、学生もさまざまな経験を積むことのできた良い機会となりました。