SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ - SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ -

【No.417】教員レポート ~新任のご挨拶~

こんにちは!

 

4月よりリハビリテーション学部、理学療法学科へ着任しました高橋大生(だいき)です。

 

この度は、新任のご挨拶ということで学科ブログに登場させて頂くこととなりました。

よろしくお願いします!

Image1_3

 

 

私についてお話します。

 

私は本学の理学療法学5生です。

学生時代は漠然とした不安を抱えながら、大学生活を送っていたのを覚えております。

 

そんな最中、口頭試問という「不合格になったら本当にまずい試験」と歴代の先輩方から聞かされていた試験の試験勉強期間に突入したのです。

ここが人生の転機でした。

 

各々が勉強した内容を定期的にグループで情報共有するというスタイルで勉強をしていたのですが、私はそこで初めて周りとの差を痛感したのです。

グループワークでは何も話せず、知識が無いだけでここまで苦しいとは思いもよらないことでした。

あの絶望感は今でも鮮明に覚えています。

以降、私はサークル活動とアルバイトを減らし、勉強時間を確保することを実践したのです。

 

そして、勉強に熱を入れ始めてからしばらく経過し、私は新たな扉を開いたのです。

 

「分かると楽しい」

 

それまで私には「勉強は暗記が中心で苦しいもの」という固定観念があり勉強に対して恐怖心がありました。

しかし、理学療法の勉強はaの知識がbに繋がり、bの知識がcとdに繋がるというように知識が派生し循環していることに気づきました。

さらに、勉強が出来てくると不思議なことに人間関係や生活が充実してくるのです。

 

そこからは、周りに追いつくのにそう長くはかかりませんでした。

 

 

Knowledge is power.」 イギリスの哲学者 フランシス・ベーコンの言葉です。

知識は力です。特に学生の皆様が進もうとしている世界において、これほどまでに大きな力はありません。

 

新任教員として、学生達と一緒に勉強し、力をつけ、挑戦していきたいと思います。

その先には、必ず楽しい未来が待っている!と信じています。

 

これからどうぞよろしくお願いします!