SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ - SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ -

【777】特別支援教育と校内研修の研修会〜作業療法元気プロジェクト〜

こんにちは、教員の伊藤ですbasketball
急激に暑くなってきましたね
みなさま、体調管理に気をつけて行きましょうpenguin



さて、今回も発達支援の訪問や研修会の報告です

7月22日に静岡県立中央特別支援学校に併設しています寄宿舎へ訪問支援をしてきました。
寄宿舎には中央特別支援学校へ通っている中学生と高校生が生活しています。
主に手足が動かしにくい生徒さんたちです。


夕方からの訪問で、生徒さんたちと一緒に夕食を食べて、その後、生徒さんから主に体についての質問を受けて、アドバイスをするという内容でした。


具体的には、「手を上手に動かすためには」、「肩甲帯周辺のストレッチの方法」、「歩行時の足の使い方」、「体を柔らかくするストレッチ」などでした。



質問内容について実践しながらのアドバイスをしました。日頃からできる自主トレ、生徒さんへの伝え方など、大変勉強になりました。


写真は、寄宿舎内の生徒さんたちの部屋です。


201908022




3人部屋で洗濯や掃除も自分でして合宿のような感じでした。

201908023







7月29(月)に長泉町立北中学校で開催されました校内研修の講師をしてきました。

テーマは「発達障がいのもつ生徒への支援方法」です。

201908021




北中学校の教員と保育士さんも参加されていました。内容は、中学校から要望のありました「本読みをスムーズに行えない」、「字形が整わない」、「姿勢がすぐに崩れる」、「注意力が続かない」ということを中心にお話ししてきました。

201908024




これらの理由を考え、また医学的な見解から理由を考察するのが作業療法士ということをお話しし、具体的な対応についてお話ししました。


参加された先生方の反応が良く、楽しい雰囲気の中でお話しできました。日頃の教育に少しでもお役に立てればと思います。



最後まで読んで下さりありがとうございました