SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ - SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ -

[学生の声]久原 望未さん浜松市立高校出身

久原 望未さん     浜松市立高校出身



【4年次】



長期実習では問題解決するための最優先のアプローチは何かを考察することができました。

理学療法学科では主体的学習を推進するために、グループ学習やプレゼンテーションなどを講義内に取り入れたアクティブ・ラーニングを行っています。自らの思考過程を確立させ、グループ内やクラス内で発言していくことで、仲間と共に追究していく質の高い学びができました。



3年次生での長期実習では実際に患者さんの評価をさせていただき、問題点を解決するための最優先のアプローチは何かを考察する臨床でのプロセスを学ぶことができました。また、患者さんとの信頼関係を築くために、根拠のある理学療法を行うことができるよう日々努力することが重要だと感じました。



大学に入学して3年が経ち、残すは長期実習、卒業研究、国家試験となりました。互いに切磋琢磨し合い、充実した1年になるように自分自身を奮い立たせていきます。卒業後は本学で学んだ思考過程やコミュニケーション能力などを活かして、社会から必要とされる理学療法士になりたいと思います。