SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ - SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ -

[学生の声]山下 功太郎さん 静岡県立浜松湖南高校出身

山下 功太郎さん     静岡県立浜松湖南高校出身



【3年次】



グループワークではコミュニケーション能力が鍛えられ、他グループの発表に刺激を受けました。

1年次生では教養科目や専門基礎科目を講義中心に学び、医療従事者としての心構えや基礎知識を身につけました。また、理学療法において必要となる思考過程を学び、自らの学修に必要なことは何かを考える1年でした。



2年次生ではグループワークを中心とした学びに変わり、自ら学ぶ姿勢を身につけました。各グループで作成した資料をもとに先生方の講義が展開されることもあり、知識をより深めることができました。グループワークでは、仲間と議論することで知識が増えることはもちろん、コミュニケーション能力が鍛えられ、他グループの発表に刺激を受け、学びへの意欲が高まりました。



3年次生で行われる実習では、実際に患者さんに対して理学療法評価をさせていただくため、これまでの講義や演習を通して学んだ知識や技術の更なる向上が必要となります。そのために、仲間と切磋琢磨しながら学びを深めていきたいです。主体的に学ぶ姿勢を忘れず、日々の学修や実習へと臨みたいと思います。