SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ - SEIREINFORMATION│- 聖隷クリストファー大学 情報コンテンツ -

次の時代に向けた教育と人材育成の質の向上と組織づくりを目指して

研 究

2020.01.20

2020年、混迷の時代にあっても、人間のもつ理性とヒューマニティーによって希望の未来が築かれることを信じます。

 

新しい年を迎え、今年はさらなる内なる充実に向けて、教育と人材育成の質の向上と、強固な組織づくりを目指します。そのため、以下の3つのキーワードを大切にしたいと思います。

 

「自律自治」。読んで字の如く、「自らを律し、自らを治める」という意味です。本学は種々の教育改革に取り組み、教育改革は大きく前進し、教育の質保証に向けたフレームワークも整備されてきました。今年はこれまで取り組んできた改革内容を自律自治の精神で、今一度再点検し、取捨選択・整理統合するなどして、さらなる教育の質の向上を目指します。

 

「one team 」。昨年、ラクビー・ワールドカップの日本チームの活躍によって流行語大賞となった言葉です。私たちの教育活動もラクビーと同様、教職員一人ひとりの力以上に、「チーム力」によるものです。私たち一人ひとりは多様な能力、専門性、価値観や考え方を持っていますが、私たちの身体が多様な臓器から成り立って一人の人間がつくられると同じように、教育活動も多様な一人ひとりの連携協働によって成り立っています。その多様な一人ひとりがone team になって誠実に教育活動を行い、教育と人材育成の質の向上を目指します。

 

そのために、「明るく、楽しく、笑顔で」を今年のモットーにします。人間は感情の動物でもあります。私たち一人ひとりが「明るく、楽しく、笑顔で」あれば、それは学生にも教職員にも伝播していきます。また感情は思考と密接に関係しています。私たちは日々多くの課題に直面しますが、「明るく、楽しく、笑顔で」をモットーにして課題に取り組むことで、より良い課題解決と教育成果につながるでしょう。

 

「自律自治」の精神を大切に、「one team 」で、「明るく、楽しく、笑顔」をモットーにして、次の時代に向けた教育と人材育成の質の向上のため、強固な組織づくりを目指します。