聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

学部・大学院・大学図書館

学生の声

1年 河合 風音さん静岡県立浜名高校出身

私は人の手助けができる福祉の仕事に興味があり、そのなかでも、自分の好きなピアノを生かし、小さな子どもたちに、音を通じて豊かな感性、体を動かす楽しさを伝えられるような保育士になりたいと思い、本学科をめざしました。本学科は人数がそれほど多くないこともあり、とても一体感があり、優しい友人や先生方に囲まれながら、お互いに支え合い充実した大学生活を送っています。また、1年次から定期的に子どもたちと、その保護者の方との関わりがあり、実際の教育現場での実習を常に経験することができ、4年間かけてじっくり自身の保育に磨きをかけ、自分のなりたい保育士になれると確信しています。

河合 風音

2年 木下 純奈さん静岡県立浜松湖東高校出身

高校生の時、児童養護施設についてのニュースで子どもたちと働いている方の様子を見て、その仕事に魅力を感じ子どもたちと関わる仕事がしたいと思うようになり、本学科で学ぶことを決めました。現在は保育のことだけでなく、福祉や医学、法学などさまざまな分野を学んでいます。大学の設備はとても充実しており、ピアノの練習がとてもしやすいです。また、同じような夢をもっている仲間と、とても楽しく勉強できます。まだ2年次生ですが、先生方や先輩方がとても優しく真摯に話を聞いてくれたり、接したりしてくれるので、とても充実した生活を送っています。

木下 純奈

3年 花田 知尚さん静岡市立清水桜が丘高校出身

本学科の授業は、保育の勉強はもちろんのこと、福祉についての学修も多いため、社会のさまざまなニーズに多面的なアプローチをかけることができるようになります。3年次生の実習では、実際の保育現場に携わることでしか経験することができない緊張感や達成感を味わうことができます。また、大学の先生方は専門的な知識や技術を兼ね備えたエキスパートであり、私たちに全力で向き合ってくれます。将来は、子どもたちだけでなく子育てをしている親の支えとなる保育士をめざしています。そのためにも、日々の勉強に真剣に取り組んでいきたいです。

花田 知尚

4年 賀茂 由貴さん聖隷クリストファー高校出身

私は保育士になることが小さいころからの夢で、何回か本学のオープンキャンパスに行き、保育だけではなく、福祉も学ぶことができるということを知り、本学科に入学するきっかけになりました。実習では、回数を重ねるうちに自分自身で保育者の意図を考えたり、自分の意見をもって実習にのぞむことができるようになったと感じます。本年度は就職試験があります。自分の小さいころからの夢をかなえるためにも、積極的に行動していき、めりはりをつけた生活をしたいと思います。

賀茂 由貴