聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

特 色

質の高い看護実践力を備えた専門職者を育成します
聖隷クリストファー大学には、人の命や人生を預かる看護専門職に必要な「正確な知識や高度な技術」、「実践できる精神」、 「一人ひとりを大切に思うこころ」を育む学修環境と教育実績があります。

Point1 聖隷だからできる恵まれた環境での実習・学修

本学では、全国有数の高い機能を備えた聖隷三方原病院や聖隷浜松病院をはじめとした聖隷グループの医療・福祉施設を中心に、質の高い実習を行うことができます。また、最新のシミュレータや工夫を凝らした設備を使った演習、交流協定締結校での海外研修・国際実習(希望者のみ)などを通して、学生の「自分で考え実践できる力」を育成します。

Point2 保健医療の現場で活躍する多くの卒業生とのつながり

聖隷の看護教育には60年以上の歴史があり、約12,000名の卒業生を輩出しています。また、同窓会による講演会やホームカミングデーの開催によって卒業生同士のつながりが深まり、幅広いネットワークが構築されています。臨地看護学実習や就職活動での病院説明会等において、卒業生から丁寧な指導や助言を受けることができるのも本学の強みです。

Point3 多様なキャリア選択ができ、活躍の場が広がる

本学では、看護師(国家試験受験)資格のほかに、選択制によって保健師(国家試験受験)資格あるいは養護教諭一種免許状の取得が可能です。また、卒業後には、本学にある助産学専攻科への進学によって助産師(国家試験受験)資格の取得、あるいは、本学大学院への進学によって高度実践看護師や研究者(大学教員)への挑戦が可能です。

Point4 学生の満足度が高い国家試験対策・就職支援

学生・教員が一体となって国家試験対策の勉強会や模擬試験を企画・運営しており、教員が行う学生への継続的なサポートおよび模擬試験等のデータ分析に基づいた指導によって、看護師国家試験では毎年多くの合格者を輩出しています。また、就職試験に向けた模擬面接やエントリーシートの添削等は、キャリア支援センター職員が学生一人ひとりに対して丁寧に行います。