聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

大学の概要

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

看護学部

 大学の教育理念・目的、DP、および学部の教育目的・目標を達成するため、以下のようにカリキュラムの編成・実施方針を立てています。

  • 1. キリスト教精神に基づく「生命の尊厳と隣人愛」を深く理解し、看護専門職者としての高い倫理観と価値観・態度を身につけるために、建学の理念と精神の育成に関わるキリスト教関連科目・自校教育科目および人間性の涵養をはかり、多様な文化や価値観・生活背景をもつ他者を理解し、受け入れる人間教育に関わる教養基礎科目を配置する。また、 学士課程教育を円滑に受けるための基本的学習技能や態度を身につけ、看護専門職としての主体的学習態度を養うために、1年次の教養基礎科目に大学教育導入科目を配置する。
  • 2. 看護の対象者の課題を科学的・論理的、総合的に理解し、個別性に応じて支援するために、人が生きる環境や身体・心理面の健康、成長・発達を理解できる専門基礎、看護専門科目を配置する。
  • 3. 様々な立場や意見、生活背景をもつ他者を理解し、自らの考えや意見を、対象に応じて正確・適切に、伝達・説明できる能力を育成するために、コミュニケーションを土台に人文科学や自然科学、社会科学など多様な教養基礎科目および専門基礎科目を配置する。
  • 4. 課題解決に向けて、主体的・かつ仲間と協働して看護専門分野や関連諸学の学識を用いて広い視野で検討するために、看護専門科目において問題解決的な思考を踏まえた実践的な教育を実施する。
  • 5. さまざまな年代の多様な状況にある人々に対して、基礎分野・専門基礎分野・専門分野の知識・理論、情報、技能等を総合的に活用し、根拠に基づく基礎的な看護技術を駆使し、看護を科学的に実践できる能力を養うために、看護過程や看護技術の習得ができる看護専門科目を配置する。
  • 6. 保健・医療・福祉の関係職種と協働する能力を養うために、低学年からのキャリア支援をはじめ、専門職連携を踏まえた3学部共通科目の編成を行う。
  • 7. 国際的視野で物事をとらえる能力を養うために、語学や海外の医療、保健、看護を学習する科目を設置し、海外研修や国際看護実習を経験する科目を配置する。
  • 8. 生涯に亘り看護学・看護実践を追求しようとする意欲と信念・価値観を養うために、これまでの看護学の学修を統合し、専門職としての自覚を高め、責務を理解し自己の看護観や研究的視点を深める統合科目を配置する。
リハビリテーション学部

 カリキュラムの編成方針は、上記の教育理念・目的、DP、並びに学部の教育目的・目標を達成するため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を志す者として身につけるべき態度・知識・技能を身につけるため、1)建学の精神に基づいた人間性の涵養をはかるための自校教育と、人間理解を深めるための多様な教養科目を配置した教養基礎領域、2)医学的基礎知識と、理学療法学・作業療法学・言語聴覚学の専門分野の基礎知識を体系的に修得する専門基礎領域、3)対象者の疾患と病態、障害特性に応じた理学療法・作業療法・言語聴覚療法の実践に必要な検査・評価と治療・指導・援助に関する基本的な知識と理論、技能を修得するための専門領域、の3領域から編成し、具体的には以下のように科目配置をしています。

  • 1. キリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を理解し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士としての高い倫理観と態度を養うため、建学の理念と精神の育成に関わる自校教育科目および人間形成に関わるキリスト教関連科目を置く(講義)。また大学での学びの基礎を築き、幅広い知識を広げ、物事を総合的に捉え的確に判断できる教養を養うため、大学教育導入科目と教養教育科目を置く。
  • 2. 疾患や病態、心身機能の障害特性を理解し、適切な理学療法・作業療法・言語聴覚療法が実施できるようになるため、医学的基礎知識および各専門分野の基礎的な知識・理論や技能を体系的に理解し修得する専門基礎科目を置く。
  • 3. 対象者を全人的に理解し、適切な対人関係を築くため、コミュニケーション力と実践力を養うキャリア教育科目および専門基礎科目を置く。
  • 4. 設定された課題や自身の疑問に対し、自身の専門分野や関連諸学の学識を統合し、課題を探求する態度と研究方法論を身につけるため、専門科目、研究基礎科目および各分野の発展的専門科目を置く。
  • 5. 対象者の疾患と病態、障害特性を適切に理解し、基礎的な理学療法・作業療法・言語聴覚療法の基礎的な検査・評価と治療・指導・援助技能を修得するため、専門科目および臨床教育科目を置く。
  • 6. 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の役割と責任を自覚し、多職種との連携・協働が実践できる態度と知識・技能を修得するため、専門科目と専門職連携教育科目を置く。
  • 7. 国際社会の課題に関心を深め、国際的にも活躍できる国際感覚および語学力・表現力を養うため、語学や海外研修および実習の科目を置く。
社会福祉学部

 カリキュラム編成方針は、社会福祉士・介護福祉士・保育士を志す者として身につけるべき態度・知識・技術を修得するために、1)建学の精神に基づいた人間性の涵養をはかるための自校教育と人間理解を深めるための多様な教養基礎科目を配置した教養基礎領域、2)関連諸学の基礎知識や社会福祉士・介護福祉士・保育士の基礎知識を体系的に修得する専門基礎領域、3)さまざまな対象者の有する課題を科学的、論理的、総合的に理解し支援するために必要な社会福祉・介護福祉・保育の基本的な知識と理論、および技術を修得するための専門領域、の3領域から編成します。具体的には上記の教育目標により、以下のカリキュラムポリシーに基づいて編成します。

  • 1. キリスト教精神に基づく「生命の尊厳と隣人愛」を深く理解し、社会福祉士、介護福祉士、保育士の福祉専門職者としての高い倫理観と価値観・態度を身につけるために、建学の理念と精神の育成に関わる自校教育科目および人間形成に関わるキリスト教関連科目を置く。また大学での学びの基礎を築き、幅広い知識を広げ、物事を総合的に捉え的確に判断できる教養を養うために大学教育導入科目と教養科目を置く。
  • 2. 対象者の多様性を理解し、適切な社会福祉援助の実践ができるようになるため、関連諸学の基礎知識や社会福祉の各専門分野の基礎的な知識・理論や技能を体系的に理解し修得するために専門基礎科目を置く。
  • 3. 対象者を全人的に理解し、適切な対人関係を築くことのできるコミュニケーション力と実践力を養うためにキャリア教育科目および専門基礎科目を置く。
  • 4. 対象者を理解し、基礎的な社会福祉援助法の実践のため、各専門分野の基礎的な評価や援助技術を修得するために専門科目を置く。
  • 5. 設定された課題や自身の疑問に対し、自身の専門分野や関連諸学の学識を統合し、課題を探求する態度と知識、技術を身につけるために専門科目を置く。
  • 6. 社会福祉士、介護福祉士、保育士等の社会福祉専門職者の役割と責任を自覚し、多職種との連携・協働が実践できる態度と知識・技術を修得するために専門科目と専門職連携教育科目を置く。
  • 7. 国際社会の課題に関心を深め、国際的にも活躍できる国際感覚および語学力・表現力を養うために語学や海外研修および国際福祉実習の科目を置く。
看護学研究科・リハビリテーション科学研究科・社会福祉学研究科
  • (博士前期課程)
  • 1. 建学の精神に基づいた高い倫理観と関連諸学の幅広い知識を修得するための科目を置く(共通科目)。
  • 2. 各専門分野の基盤となる主要な概念と理論及び研究方法等について体系的に修得するための科目を置く(基盤科目)。
  • 3. 各専門分野の最新の研究動向と知見を修得した上で、研究課題に取り組み、質の高い研究論文を完成させるための科目を置く(専門科目)。
  • 4. 高度実践看護コースにおいては、高度看護実践に必要な高い専門知識と高度看護実践能力を修得するための資格認定に必要な科目を置く(基盤科目・専門科目)。
  • (博士後期課程)
  • 1. 多職種と連携する資質を磨き、実務者として高度な知識と指導力を身につけるための科目を置く(共通科目)。
  • 2. 専門性を深化させ独創的研究を行い、質の高い研究を完成させることを通して新たな知を創造するための科目を置く(専門科目)。