MENU

ニュース

ニュース詳細

NEWS2020年度春セメスターの授業開始について
保護者の皆様

2020年度春セメスターの授業開始について

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が全都道府県に拡大する中、2020年度春セメスターが始まりました。感染の拡大防止対策が求められ、学生の皆さんの安全を確保することを優先し、授業開始を繰下げ、4月20日からオンラインによる授業を開始しました。保護者の皆様にはご心配をおかけしておりますが、全教職員が一致協力して対面授業と変わらない教育が行えるように努力しております。
現在の新型コロナウイルス感染症拡大の先行きが見通せない中、本学としましては今後、学生の皆さんが安心して学修を続け、国家試験、就職に向けて確実に歩を進めることができるよう様々な方法で教育・支援していく所存でございます。しばらくの間オンライン授業が続きますが、保護者の皆様にはご理解とご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
授業開始を4月20日に繰り下げましたので、授業期間の終わりや定期試験なども繰り下げます。特に保護者の皆様にご心配をお掛けしている各学部の実習に関しては、開始を延期し、再開、実施に向けて検討・調整をしています。

・看護学部4年次生の臨地看護学実習
・リハビリテーション学部各学科4年次生の総合臨床実習、理学療法学科3年次生の評価実習(4月20日より中止)
・社会福祉学部3年次生のソーシャルワーク実習、4年次生の精神保健ソーシャルワーク実習、スクールソーシャルワーク実習、こども教育福祉学科4年次生の幼稚園実習Ⅰ・Ⅱ
・専門学校の介護実習

今後登校しての授業を開始できるように準備していきます。そのために学生の皆さんには「心身の健康管理」「毎日の健康観察」「密閉・密接・密着空間の環境への出入りの自粛」「不要不急の外出の自粛」に努めるようにお願いしています。保護者の皆様のご協力をお願いします。

2020年4月23日
聖隷クリストファー大学
学長 大城昌平
聖隷クリストファー大学介護福祉専門学校
校長 横尾惠美子
ページの先頭へ戻る