MENU

ニュース

ニュース詳細

NEWS4/2(木)、2020年度入学式を挙行しました。
4月2日(木)、アクトシティ浜松 中ホールにおいて、2020年度の大学・大学院・介護福祉専門学校合同の入学式を挙行しました。
新型コロナウイルス感染症対策として出席者を新入学生と教職員のみとし、手指消毒や座席の間隔をあけるなど万全の対策を講じ実施しました。

本年度は、看護学部158名、リハビリテーション学部108名、社会福祉学部101名、助産学専攻科17名、看護学研究科10名、リハビリテーション科学研究科15名、社会福祉学研究科5名、介護福祉専門学校19名の計433名が入学しました。

式典では、讃美歌を讃美し、聖書朗読、祈祷のあと、大城昌平学長より大学・大学院新学生へ、横尾惠美子校長より専門学校新学生へ向け、入学許可が行われました。

それを受けて社会福祉学部社会福祉学科の佐伯彩さん、介護福祉専門学校の青島夢花さんが、新入生代表として誓いの言葉を述べました。

横尾恵美子校長は、本学の建学の精神である「生命の尊厳と隣人愛」に触れながら、これから本学において介護福祉専門職者をめざす新入生に向けて激励の言葉を贈りました。
ページの先頭へ戻る